grape [グレイプ]

作り方も見られるらしい 本当に存在した一杯10万円のラーメンは漢字が難しい!

By - エニママ  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

幅広い世代に多くのファンを持つYoutubeチャンネル『水溜まりボンド』。キャッチコピーは『発想重視の二人組YouTuber』で、実験の検証や都市伝説、ドッキリ、料理など、わざわざやるまでではないものの、なぜか気になることを取り上げています。

10月3日より、そんな『水溜まりボンド』がテレビ神奈川の『水溜まりボンドの○○いくってよ』で初冠番組をスタート。

今回は、カンタさんとトミーさんの2人が神奈川を勉強して発見したという、カンタさん調べで『横浜中華街に実在する日本一高い一杯10万円するラーメン』を実食しました。

まずは、YouTubeをご覧ください。

一杯10万円するというラーメンの名称は、絶対読めない『ベンベン麺』。

ちなみに『ベン』の文字は、当然、常用漢字ではなく、57画もあるそうです。

この『ベンベン麺』は、今回の企画で注文は2度目とか…。

最初に店長が紹介する食材は、高麗人参だけで8万円、伊勢エビ1万5千円、サメ、フカヒレ380gは3万5千円、ナマコ、アワビ、高級しいたけなどなど、『これでもか』という程の高級食材がズラリ!

※写真はイメージ

しかも、今回は特別に『10万円以上』の高級ラーメンを提供してくれたそうです。

ぱっと見は、グロテスクともいえるほど大きな具材と手打ちの太麺。味は、海鮮やしいたけのダシの旨みが溶け出したスープが『めちゃくちゃ』美味しくて、高麗人参の効果なのか、食べると体がぽかぽかに温まるそうですよ。

10万円以上のラーメンとは、さすが横浜中華街。

番組のスタート記念にふさわしい、とても豪華な昼食でしたね。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

出典
【日本一高いラーメン】1杯10万円の謎すぎるラーメン頼んだらヤバいもの出てきたwwww

Share Tweet LINE コメント

page
top