grape [グレイプ]

「雅び…」「美味しそう…」思わずふり返る青いロッカーの正体とは?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:枚方つーしん

このロッカーの名前は『これやこの』です。

唐突なネーミングに驚いた人もいるであろう、このロッカー。

写真提供:枚方つーしん

青いロッカーを思わず二度見した人もいるのではないでしょうか。

大阪府枚方市の情報サイト、枚方つーしん(@hira2shin)の投稿でも話題になったこのロッカーは、京阪電気鉄道枚方市駅に設置されているのですが…。

『これやこの』とは百人一首の冒頭だったのです。

これやこの 行くも帰るも 別れては

知るも知らぬも 逢坂(あふさか)の関

Twitterでは「なんて雅(みや)びなネーミング」など、秘かな反響となっています。

それにしても、なぜロッカーに…そもそもこの青いロッカーの正体とは何なのでしょうか。

親しみやすく、そして覚えやすく!

写真提供:アマゾンジャパン

これはAmazonの商品受け取りサービスで、顧客が指定したAmazon Hubロッカーに配送されるというもの。

このロッカーには、ほかにも『わびぬれば』『こころにも』『しのぶれど』など、百人一首から命名されたネーミングが続々登場しました。

しかも、このトリッキーな命名は、雅びなものだけに留まらないようで…。

『ぶたまん』に『おでん』そして『モーニング』まで!

写真提供:枚方つーしん

写真提供:枚方つーしん

大阪には食文化を象徴する『いかたま』『こなもん』なども!

また、東京都世田谷区に設置されたロッカーには『おでん』、新宿御苑付近には『だんご』、そして、都内には『おみそしる』『おにぎり』『やきとり』なども設置されています。

さらには、愛知県や周辺地域では、喫茶店文化を象徴する『おぐら』『モーニング』といった名前まで!

ロッカーの名前から、もう1つの街の景色が見えてくるようですね。

このユニークなネーミングについて、アマゾンジャパンにお話を伺いました。

――なぜこのような試みを?

「お客様やドライバーの皆様にとって、親しみやすく、覚えやすいよう、1つずつのロッカーに名前をつけています」

2020年10月現在、国内600か所以上に設置されているロッカーの名前は『料理』『動物』『植物』『楽器』『色の名前』などさまざまなジャンルに及び、『百人一首』は京都府内・大阪府内の京阪電気鉄道の駅に設置され(2020年9月現在)、古都をめぐる地域の雰囲気に、日本古来の歌が持つイメージを重ねて名付けられたとのこと。

中には、アマゾンジャパンの社員さんが、自らの出身地にちなんだ提案も行ったといいます。

街角でこのロッカーを見かけたら、ちょっとほっこりしたり、千年前にタイムスリップしたり…ふと笑みのこぼれる瞬間を楽しめそうですね。

従来の置き配サービスのほか、受け取りの利便性や、配達ドライバーの負担軽減を目的といて設置されたAmazon Hubロッカーは、今後も日本全国に展開するとのことです。

設置箇所情報などはこちらをご覧ください。

Amazon Hubホームページ

※『百人一首』名のロッカーは、現在整備のため、しばらく休業中の設置場所もあります。


[文/常田麻宇・構成/grape編集部]

出典
@hira2shin枚方つーしんAmazon

Share Tweet LINE コメント

page
top