grape [グレイプ]

飼い主に捨てられ、両目を失ったピットブル 現在の姿に涙があふれる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:sellythepittie

2019年、ハリーさんは地元の動物保護施設のウェブサイトで、1匹のピットブルの写真に目を留めました。

路上で保護されたというそのメス犬は、両目に大ケガをしていて、すぐに摘出が必要な状態だったといいます。

おそらく車にひかれ、ほかの動物に襲われたと思われました。

ハリーさんはその犬に何か特別な縁を感じたのでしょう。彼女は施設へ行き、その犬を引き取ることにしたのです。

犬は『セリー』と名付けられます。初めはおどおどしていたセリーですが、新しい家族に心を開くまでの期間は長くはかかりませんでした。

ハリーさんは大学生で母親と暮らしています。海外メディア『GeoBeats Animals』によると、セリーは目が見えませんが、母親の部屋とハリーさんの部屋の位置が完璧に分かるのだそう。

また、セリーはなぜか毛布が大好きで、洗濯室に置いてある毛布を見つけては、自分のベッドに持ってくるのだとか。

同じ場所にタオルがあっても、セリーは毛布だけを選ぶのだそう。柔らかい感触が好きなのかもしれません。

セリーがガブガブと噛んで何枚も毛布が台無しになっても、ハリーさんは「まったくかまわないわ。毛布は彼女のものよ」と笑っています。

外で遊ぶのも大好きな元気いっぱいのセリーですが、唯一怖がるものがあるのだそう。

それは『大きな音』。特に車の音が嫌いで、車が近くを通るとセリーは動けなくなり、震えだすといいます。

保護される前にセリーの身に起きた出来事が、トラウマになっているのかもしれません。

ハリーさんは、セリーが怖がっているのに気付いた時は、すぐになでて落ち着かせてあげるのだとか。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

ハリーさんは『GeoBeats Animals』にこう語っています。

セリーがどんなつらい経験をしたのかは分かりません。

私はただセリーに、私は絶対に彼女にそんな思いをさせないということを知ってもらいたいんです。

GeoBeats Animals ーより引用(和訳)

実は保護された時、セリーにはマイクロチップが装着されていたため、元の飼い主に連絡がとれました。しかし飼い主はセリーを「いらない」といったそうです。

セリーの写真を見てすぐに引き取ろうと決めたハリーさんは、これまでに保護犬の里親になったことはなかったのだとか。

「セリーは私の子供です」と笑顔で語るハリーさん。

彼女とセリーが出会ったのは、運命だったのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
sellythepittieBlind pit bull found roadside clings to blanket for comfort

Share Tweet LINE コメント

page
top