蚊除けにイヌハッカを植えたら…別の効能が最大限に発揮されてしまった(笑)

出典:imgur

観賞用、食用、薬用…多くの分野で使われているハーブ『イヌハッカ』。実は駆虫効果もあり、蚊やゴキブリ、ノミの対策にも効果があるんです!

海外の掲示板に投稿された出来事です。家の周辺に発生している蚊を駆除しようと、玄関前にイヌハッカを植えた、とある人。

これで蚊はいなくなったと思いきや…思わぬモノが集まってしまったのです!

玄関前にいたのは、たくさんの猫!

そう…イヌハッカは虫には嫌われるものの、猫にはたまらないハーブなんです!

別名『キャットミント』と呼ばれるイヌハッカには、猫を興奮させる物質が含まれているため、猫用のオモチャとしても売られています。西洋版のマタタビというわけですね。

余談ですが、猫が好むのに『イヌハッカ』と呼ばれるのは、当時『犬』という言葉が『役に立たない』という意味があったからなんだとか。通常のハッカよりも質が劣ることから名前がついたそうです。ま、紛らわしい!(笑)

これ、本当なの?真相は…

海外の掲示板に投稿され、急に話題になったこの画像。しかし真相は…。どうやら日本の猫が多い島として有名な通称「猫島」、愛媛県にある「青島」の写真だったようです。

画像の出典はこちらのツイート。海外の掲示板では写真に反転の処理をして掲載されていたのです。

「イヌハッカ」を植えても、これだけの猫を集めることはできないようです…。たくさんの猫がいる光景を観たい方は、ぜひ青島を訪れてみてください。

※記事掲載時、本来の画像出典が明らかでないまま事実であるかのような記載をしておりました。お詫び申し上げます。

出典
imgur@kolmetoista@kolmetoista

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop