grape [グレイプ] trend

本当に初対面? 視覚障がいをもつ男性に会った盲導犬が… 「涙があふれた」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:paulcastlestudio

目が見えない人や、見えにくい人が、安全に歩くためのサポートをしてくれる、盲導犬。

視覚障がいをもつ人にとって、盲導犬は常に行動をともにするパートナーといえます。

視覚障がいをもつ男性と初めて会った盲導犬が?

アーティストのポール・キャッスルさんは16歳の時に、網膜色素変性症と診断されました。

この病気によって、彼の視野は非常に狭く、ストローで覗いているように見えるといいます。

2022年5月、ポールさんは自身のパートナーとなる盲導犬と初対面しました。

これから一緒に生活していくわけですから、盲導犬との相性は大事です。

やや緊張した様子で、待っているポールさん。そこに、盲導犬がやってきて…。

@paulcastlestudio This was one of those moments that will live forever in my memory 🦮 #guidedog #servicedog #dogstory #legalyblind #visuallyimpaired #labrador ♬ Epic Emotional - AShamaluevMusic

ポールさんを見るなり、彼に抱きついた盲導犬のメープル。

「よろしくね!」というように、しっぽをブンブン振って、すでにポールさんのことが大好きな様子です。

初対面とは思えないほど打ち解けた、ポールさんとメープルの出会いに、多くの人たちが笑顔になったようです。

・メープルが彼のヒザの上に乗った瞬間に、涙があふれた!

・彼らは一瞬で心が通じ合ったね。

・メープルは間違いなく、きみのための犬だ。彼もそれが分かっているんだよ。

ポールさんとメープルは2週間、ペアで行動するためのトレーニングを受けました。

人懐こいだけでなく、優秀な盲導犬であるメープルは、すべてのテストに合格。

こうして彼らは、ポールさんの自宅での生活を順調にスタートしています。

まるで長年一緒に暮らしている飼い主と愛犬のような、ポールさんとメープル。

まだ出会って数週間なのに、彼らの間にはしっかりと信頼関係ができているのが伝わります。

メープルはポールさんの夫のこともすぐに大好きになり、すっかり家族の一員として馴染んでいるそう。

これから先、メープルはポールさんを支える盲導犬であるだけでなく、彼の親友としてたくさんの喜びをもたらしてくれることでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
paulcastlestudio

Share Tweet LINE コメント

page
top