grape [グレイプ] trend

客「毎回笑かしてくる」 店員の声がだだ漏れな商品POPに腹筋崩壊

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

広島県広島市内で2店舗を展開するスーパーマーケット『たかもり』の商品POPが、ネット上で話題を呼んでいます。

きっかけは、たかもり宇品本店を訪れた、はんこ屋Honono(@Hononos_stamp)さんの投稿でした。

毎回笑かしてくる。

そうコメントをつけて投稿者さんが紹介したのは、世界一画数が多いともいわれる『ビャンビャン麺』の商品POP。

POPには、商品名や価格といった基本情報のほか、店員の心の声までもが、つづられていたのです。

POP作る人のことも考えてもろて。

『ビャンビャン麺』は世界一画数が多い料理名。PCで『ビャン』の漢字を打ち出そうとしても、フォントが対応しておらず、カタカナかひらがなで商品名を紹介するしかありません。

仮にフォントが対応していたとしても、その画数の多さで、印刷時に文字がつぶれてしまうことでしょう。

また、手書きをしようとも、困難を極めます…!

もはや商品紹介とは関係ないPOPのメッセージは、投稿者さんの笑いのツボを刺激しただけでなく、写真を見た多くの人の笑いを誘いました。

たかもり宇品本店の担当者に話を聞いてみた

今回の『ビャンビャン麺』以外にも、独創的でクスッと笑える商品POPが多い、たかもり宇品本店。

スーパーを運営する株式会社たかもりの広報担当者に話を聞いたところ、POPは商品を出す担当者がそれぞれ考えており、中でも2~3人が、今回のようなクスッと笑えるPOPを作成しているといいます。

しかし、今回の『ビャンビャン麵』にいたっては、「深く考えておらず、思いついたものを書いた」というのですから、インパクトが強いPOPを考えるセンスは、もはや天性の才能といってもいいのかもしれません…!

とはいえ、ユーモアあふれる商品POPを出すのには、戦略的な意図もあるとのこと。

弊社は広島市内に2店舗しかないため、大手との差別化を図る狙いもあります。

そう答えてくれたのは、株式会社たかもりで広報を担当している、伊木さん。

今回、たかもり宇品本店の商品POPがネット上で話題になっていることを知り、とても驚いた様子を見せていました。

商品POPで、他社との差別化が成功しているのは、今回の反響を見れば明らか。

たかもりが広島市内にしかないのが、ほかの地域の住民からしてみれば惜しいですが、もしも広島市を訪れた際には、足を運んでみてはいかがでしょうか。

商品よりも、POPのほうに意識がいってしまい、買い物どころではなくなってしまうかもしれません…!

はんこ屋Hononoさんの作品はこちら

なお、たかもり宇品本店の商品POPが注目を集めるきっかけを作った、はんこ屋Hononoさんは、版画用ゴム版を使った、はんこ制作をしています。

イベントフライヤーやアーティストとのコラボもしているので、気になった人はぜひ、はんこ屋HononoさんのSNSもご覧ください。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Hononos_stamp

Share Tweet LINE コメント

page
top