grape [グレイプ]

「子は親に従い、妻は夫に従うべき」新聞読者の投稿に批判集まる

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ある新聞の読者投稿が「親としてのあり方。教育のあり方」をあまりに考えさせられると話題になっています。

投稿したのは70代の男性。息子さんを時には叩くなどして厳しく育て、息子さんは一流企業に勤めるまでになったそうです。しかし、この男性の考え方が理解できないという意見が多く集まっています。

じっくり読んでみてください。

厳しく育てた息子がうつ病に

70代の男性。

30代の息子がうつ病と診断されました。私の言葉の暴力が原因だと言われショックです。

息子は気が弱く優しい性格です。立派な大人にするため、子どもの頃は剣道、水泳を習わせ、家庭教師をつけました。

息子のためと思い、逆らうとたたいたり殴ったり厳しくしつけました。おかげで一流企業に勤めています。悪いことをしたとは思っていません。

子は親に従い、妻は夫に従うべきだと思います。

先日、息子が「会社に行くのがつらい。休職したい」と言うので、「うつ病など根性がたるんでいる」と言いました。

息子は「もう追い詰めないで。母さんにも同じ事をしないでほしい」と言います。本人のための助言を、言葉の暴力だといわれるのが理解できません。

家族への接し方が間違っていたとは思いません。ぜひ専門の方に助言をいただきたいです。

(東京・D男)

読売新聞 ーより引用

この投稿に対し、専門家は回答欄ではこのように答えています。

就職先だけを見れば間違ってはいない。しかし、自分の人生に満足しているかという点で大いに疑問がある。

一流企業に勤めるだけが立派な大人ではない。自分の価値観を子や妻に押し付けるのは間違い。

息子さんには休息が不可欠。今回の病気は、安心して自分の人生の方向を考える機会になる。

一方あなたは、自分と違う価値観の人の意見を聞く機会を作ることを勧めます。

読売新聞 ーより引用

多数の意見が

親のあり方を改めて考えさせられました。教育に何が正しいということはないのかもしれません。しかし親とは、一人の人生に多大な影響を与える身です。常に自分の姿を客観的に見て、より良い教育の仕方を模索する義務があるのではないでしょうか。

出典
読売新聞/読売プレミアム@PSO2_dekita25@V3N83ANC3@aaaakkya74@lootone

Share Tweet LINE コメント

page
top