grape [グレイプ]

無資格者も保育の現場へ あまりに酷い改正に「保育士をバカにしないで」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

写真はイメージです。

厚生労働省は2015年12月4日、保育士不足を解消するために、国の基準を緩和する方針を決めました。

その内容は、『保育士資格のない人でも子供の世話をできるようにする』とのこと。基準緩和については、いくつかの条件が設けられています。

  • 子育て研修など関連の研修を修了すること
  • 朝夕の時間帯や、保育士が研修で不在の間限定
  • (小学校や幼稚園の教諭免許を持つ者は時間帯を限定しない)

この省令改正について、保育士資格を修得した人はもちろん、現場で働く人や、子供を預ける側からの反対意見が飛び交っています。

保育士をバカにしないで

保育士が直面する仕事

子守と保育は違う

改善すべき点はもっとほかにある

自分の大切な子供を安心して預けられない

省令の改正は2016年4月から。改正と合わせて、民間保育所で働く保育士の給与を平均5%改善することも厚生労働省のホームページで公表しています。

しかし、現場の声と実情が反映されていないことは明らか。このままでは問題改善どころか、人手不足に拍車がかかるのではないか…厳しい現状が続いていきそうです。

出典
@Fe21_oO@117_odeko@SGO_G6@ surumeikka@ liederausmyrten@tabitora1013@tr_hiroko

Share Tweet LINE コメント

page
top