grape [グレイプ]

「3歳児との買い物が苦痛」母親の相談に『おっさん』の助言がしみる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:でっかいおっさんの子育て相談ルーム

保育士の経験を持つ子育てブロガーの『でっかいおっさん』さんが、3歳児クラスを担当していた時の出来事をつづりました。

でっかいおっさん先生は、保護者からこんな相談を受けます。

息子と一緒にスーパーマーケットに行くと、『玩具付きお菓子』の前で必ず「買って!」と泣いてねだられてしまうのだそうです。

お母さんが「買わない」というと、息子は床に倒れ込んで泣きわめくとのこと。周りの目が気になるお母さんは根負けし、つい買ってあげてしまうという繰り返しになっていました。

お母さんは保育園を利用していましたが、買い物の行く際は子どもを預けておくことはできません。なぜなら、保育園にはこういったルールがあるからです。

子どもを預ける時間は

保育に欠ける時間
(働いている時間)

だけなので

買い物は
子どもを迎えに来てから
行って下さい。

でっかいおっさんの子育て相談ルーム ーより引用

このお母さんは真面目にこのルールを守り、保育園に息子を迎えに行った後、買い物をしていたようです。

そしてお菓子をねだられることが、相当のストレスとなって蓄積していました。

しかし、でっかいおっさん先生はこう考えます。

保育園のルールには反しますが、「買い物に行きたくない」と思ってしまうほど心の負担になっている状況です。工夫をして、自分の心を守ることが優先されるべきでしょう。

この提案とともに、でっかいおっさん先生はこうアドバイスします。

「お菓子買って!」に根負けして買ってしまうと、「泣けば買ってもらえる」という行動が子どもに定着してしまう。

これを防ぐために「買わない」という選択肢をとり、買わなかったことを「ほめる」ことをでっかいおっさん先生は勧めました。

「ガマンすると、ママにほめてもらえる」

この流れを定着させるのです。また、店に入る前に「今日はお菓子を買わない」と約束し、約束を守れたら「ほめる」ことも有効だそうです。

「ルールを守ること」「こうあるべきとされる子育てをすること」にしばられすぎ、疲弊してしまっているお母さんたちに、でっかいおっさん先生は温かいメッセージを送っています。

手を抜くことって
大事やで!

でっかいおっさんの子育て相談ルーム ーより引用

でっかいおっさん先生のアドバイスを読んだ人からは、「保育士さんがそれいっちゃっていいんですか!?でも嬉しい!」「いつかうちの子にもガマンが定着する日を信じて頑張ります!」との声が寄せられています。

でっかいおっさん先生の言葉で、無理をしすぎてしまっているお母さんたちが、少しでも荷を下ろせたらいいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
でっかいおっさんの子育て相談ルーム

Share Tweet LINE コメント

page
top