grape [グレイプ] society

ロッテ佐々木朗希&松川虎生がギネス認定! 歴史的快挙に「すごすぎる」「素晴らしい!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

さまざまなジャンルで『世界一』と認められたものが記録される、『ギネス世界記録』。

2022年11月10日、プロ野球チーム『千葉ロッテマリーンズ(以下、ロッテ)』は、同チームに所属する佐々木朗希(ささき・ろうき)選手と、松川虎生(まつかわ・こう)選手がギネスに登録されたことを発表しました。

2人は、同年4月10日に千葉県千葉市の『ZOZOマリンスタジアム』で行われた対『オリックス・バファローズ』戦にて完全試合を達成。

その際、合計年齢である38歳330日が『プロ野球における完全試合を達成したピッチャーとキャッチャーの最年少(合計年齢)』として記録されたのだそうです。

また、佐々木選手が記録した13者連続奪三振も『プロ野球におけるピッチャーの連続奪三振最多数』として認定されたといいます。

佐々木朗投手コメント
「ギネス世界記録に認定いただき、嬉しく思います。今後も色々な記録に挑戦できるピッチャーになれるよう頑張っていきたいと思います」

松川選手コメント
「朗希さんと一緒にギネス世界記録に認定いただき、嬉しいです。これを励みにもっともっと頑張りたいです」

千葉ロッテマリーンズ ーより引用

完全試合を達成した対オリックス戦

同年11月現在、21歳の佐々木選手と、19歳の松川選手。

若きバッテリーによる快挙に、ネットからは「素晴らしい記録!これを破れる人は現れるんだろうか…!?」「歴史を変える若者に期待大!」といった声が上がっています。

きっと2人は今後も日本の野球界をけん引するメンバーとして、素晴らしい活躍を見せてくれることでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
千葉ロッテマリーンズ

Share Tweet LINE コメント

page
top