grape [グレイプ] trend

警察署に向かった1匹の犬 驚きの理由に「こういうの大好き」「賢すぎる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

出典:Leicestershire Police

イギリスに住むスティーブ・ハーパーさんと妻のジュリーさんが、2匹の愛犬の散歩をしていた時のことです。

公園を歩いていると、近くで誰かが花火を打ち上げ始めました。

海外メディア『BBC』によると、夫妻の愛犬であるボーダーコリーのロージーが、その花火の音に驚いて走り出してしまったとのこと。

そのままロージーは公園の垣根を越えて、どこかへ逃げてしまったのです。

ロージーがいなくなってしまい、スティーブさんはかなり動揺したといいます。

そこで夫妻はもう1匹の愛犬を連れて、ひとまず帰宅することにしました。

迷子になった犬が向かった場所は?

実はその頃、迷子になったはずのロージーは、町をうろついてはいませんでした。

公園から逃げ出したロージーが真っすぐ向かった場所は…こちらをご覧ください。

ロージーが入って来た建物は…警察署!

なんとロージーは公園のすぐ隣にある『ラフバラー警察署』にやってきたのです。

警察署の監視カメラには、入口から入って来たロージーが、吠えることもなく、待合室で行儀よく座っている姿が映っていました。

この後、ロージーは警察署の職員から水をもらい、たくさん遊んでもらったそうです。

ロージーの首輪にスティーブさんの連絡先が書いてあったことから、無事に家に帰ることができました!

同署を管轄しているレスターシャー警察署はFacebookで「なんてかわいくて、賢い犬でしょう」と、この出来事を紹介。

賢いロージーを褒め称えるコメントが寄せられています。

・ロージーはどこに助けを求めたらいいのか知っていたんだね。

・賢いだけじゃなくて、礼儀正しい犬だ。ちゃんと座って自分の番を待っている。

・こういうハッピーエンドは大好きだよ。

警察から連絡を受けたスティーブさん夫妻は、ロージーが無事に見つかって大喜びだったそうです。

子供が迷子になった時はもちろん、大人でも道に迷ったら、警察官に助けを求めるのがもっとも安全でしょう。

まるで「私、迷子になりました」というように、自分で警察署へ出向いたロージー。

たとえこれが偶然だったとしても、犬の賢さには本当に驚かされますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
Leicestershire PoliceBBC

Share Post LINE はてな コメント

page
top