grape [グレイプ] trend

「マジ天使かよ」 痛みに苦しむ女性が、3歳児の行動に涙したワケ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

イスの脚やタンスの角などに、足の指をぶつけた…。

このような経験をしたことがある人は、少なくないはず。

勢いよくぶつけてしまうと、悶絶するほどの痛みが襲います。

森田家(moritake2020)さんは、イスの脚に、足の親指を思いきりぶつけてしまった1人。

その時のエピソードを漫画に描き、Instagramに投稿しました。

痛がる母を見て、娘が取った行動とは

あまりの痛みに、投稿者さんは床をゴロゴロとのたうち回ります。

その姿を見て、3歳の娘さんは、一瞬驚くも冷静にソファーへ誘導し、ある行動に出ました。

娘さんは、投稿者さんの足におまじないをかけてくれました!

残念ながら、おまじないだけでは、痛みが完全に消えることはありません。

しかし、一生懸命おまじないをかけてくれた娘さんに対し、投稿者さんは「ありがとう」と感謝を伝えた後に「ママの痛いの、どっかへ飛んでいったね」といいました。

「どっかへ飛んでった」という言葉を聞き、娘さんはハッとします。

飛ばす先を考えていなかった娘さんは急きょ、痛みの終着点を自分のお腹にしたのです!

投稿者さんの足の痛みは、「全部自分にきたよ!」という、娘さん。

自己犠牲の精神を目の当たりにして、投稿者さんは娘さんの尊さを痛感し、心が満たされたのでした。

【ネットの声】

・天使!?私まで癒されました!

・尊い、優しい子…。

・キュンキュンしました、なんてかわいいの!

・一生懸命さが、かわいすぎる!

娘さんは、大好きな母親が苦しんでいるところを、助けてあげたかったのでしょう。

慈悲の心に満ちた娘さんの行動は、投稿者さんだけでなく、多くの人を笑顔にしました。


[文・構成/grape編集部]

出典
moritake2020

Share Post LINE はてな コメント

page
top