grape [グレイプ] trend

医学生が病院に『とんでもない誤字メール』を送信したら?「血の気が引く想い、お察しします」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

就職活動や、転職活動中には、企業などにメールを送信する機会が数多くあります。

ミス1つで自身の印象を左右しかねないため、慎重になる人がほとんどでしょう。

とはいえ、見直しなどのチェックをしても、ミスをゼロにすることは、時に困難です。

医学生の誤字を知った担当者の反応は?

医学部の5年生である、いがくと(@cocomed4CC)さんは、病院見学の打診をするメールを送信していました。

医学生にとって、病院見学は就職活動における職業体験『インターン』とほぼ同義。病院の雰囲気が自分とマッチしているのかを見る、またとないチャンスです。

大切な機会をつかむためのメールで、ミスは犯したくないもの…ですが、いがくとさんはメールを見返して、大変な事態に気付いてしまいました。

自分がメールの1行目から、とんでもないミスをやらかしていることに!

「お世話になっております」ではなく、なぜか「お世話になっておきたいな」と書いていたのです!

おそらく入力の際に、予測変換で意図せぬ文になってしまったのでしょう。

医学生が、唐突に自身の願望を述べたような一文に、多くの人が爆笑しています。

・腹筋が崩壊した。甘え上手か。

・かわいいからOK!お世話しちゃうっ!

・願望が出ちゃいましたか…。

・血の気が引く想い、お察しします。

・無事であることを祈ります!

はたして、いがくとさんの運命はいかに…。

気になる『その後』について、いがくとさんはTwitterで報告しています。

誤字のお詫びをかねて病院に電話したところ、担当の事務スタッフは「全然平気ですよ!いやぁ、こんな内容の電話をしてきた学生さんは、さすがに初めてだなぁ」と爆笑したのでした。

また、「選考試験外でのやり取りであるため、私情を挟まないためにも、採用で有利不利に働くことは一切ない」と明言されたそうです。

さらに、病院が特定されて関係者に不利益になるような情報がない限りは、誤字の件をSNS上に公開するのも黙認するとのこと。

寛大な対応に、いがくとさんはホッと胸をなで下ろしたことでしょう。

もしかしたら、ほかの医学生とは違った縁で病院と結ばれているがゆえ、起きたハプニングかもしれません。

結果的に、その病院の懐の深さが見えて、胸が温かくなりますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@cocomed4CC

Share Post LINE はてな コメント

page
top