grape [グレイプ] hobby

商店街にカフェがオープン! すると、店の明かりを見た男の子がやってきて…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

カフェにやってきた男の子は、実は妖怪の『座敷わらし』で、宗助というそう。商店街の酒店に住み着き、梅子と仲よくしていたといいます。

梅子の店が戻ってきたと勘違いし、悲しんでいた宗助を見て、鬼姫は商店街中の妖怪と一緒に、遊び相手になってあげることにしました。

後日、カフェは駄菓子の取り扱いを始め、かつて梅子が営んでいた店のように、老若男女が集まる場所に。

カフェの屋根の上で、鬼姫たちとお菓子を食べていた宗助は、巾着袋から金の粉を取り出して、パァッと撒き始めます。

宗助が喜ぶのを見て「きっと繁盛するよ、この店は」とつぶやく、鬼姫なのでした…。

【ネットの声】

・お店は変わっても、そこで頑張ってきた人とその歴史があるんだよね…なんだか考えさせられた。

・かわいすぎる話!ストーリーに出てきた『鬼姫マフィン』を探す旅に出ます。

・このお話大好き!宗助のファンになりそう!

・話の流れがめちゃくちゃ巧み。鬼姫様の世界観とお話、大好きです!

姿を見た人に幸運が訪れたり、富がもたらされたりするともいわれる、座敷わらし。

宗助が撒いた金の粉は、多くの人に笑顔を与える『隠し味』になったかもしれませんね。

単行本『鬼姫神社通り商店街』、発売中!

ミヤギさんによる漫画単行本『鬼姫神社通り商店街』が、2023年8月31日に発売されました!

妖怪と人間が共存する、不思議な商店街を描いた作品となっているので、気になる人は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

鬼姫神社通り商店街 (コミックエッセイ)

鬼姫神社通り商店街 (コミックエッセイ)

ミヤギ トオル
1,348円(02/21 10:01時点)
発売日: 2023/08/31
Amazonの情報を掲載しています

[文・構成/grape編集部]

出典
miyagitoooru

Share Post LINE はてな コメント

page
top