grape [グレイプ] trend

林間学校の説明スライドが『アレっぽい』と話題に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

スライドの画面

資料や提案などを発表する時に、スライドを使う人は多いのではないでしょうか。

文字だけでなく図形やアニメーションなどを使って、視覚的に伝えることができるので便利ですよね。

ある日、新線町田(@Mamouna_OwO)さんは、学校行事のガイダンスで使うスライドを作っていました。

インパクトが大きい、驚きのスライドをご覧ください。

スライドの画面

電車のモニターで見かける、行先案内のデザインにそっくりではありませんか…!

停車駅の代わりに『委員長より』『林間学校の目的・スローガン紹介』など、プレゼンのトピックが表示されています。

各トピックの所要時間などが理解しやすくなっているので、実用性も高いデザインですね。

また『各係連絡』の下には乗り換え路線のように班分けが書かれていたり、スライドを発表している時点の時刻も表示されていたりと、細かい部分の再現度も高めです。

新線町田さんが作ったスライドには、まさかの出来栄えに驚いた人たちからのコメントが届きました。

・何これ!好き!

・このスライド、ネタっぽく見えるけど進行がひと目で分かっていいと思う。

・視認性がいいし、パッと見て情報が頭に入ってくる。

・「中央林間駅を通る路線ってこんな色だっけ」とか思ってたら、書いてあったのは『林間学校』だった!

みなさんもプレゼンをする機会があったら、新線町田さんのスライドを参考にしてみてはいかがでしょうか…!


[文・構成/grape編集部]

出典
@Mamouna_OwO

Share Post LINE はてな コメント

page
top