grape [グレイプ]

各地の駅で試用運転している『最新式ホーム柵』がスゴイ!電車が来ると…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@Non51235

日本国内の600駅以上に設置されている、ホームの柵。

泥酔した人や小さな子どもなどの誤った転落を防いだり、飛び込み自殺を防いだりする重要なものです。

20078_02

侑人さん(@Non51235)が大阪府高槻市のとある駅で見かけたホームの柵が「斬新だ!」「新しい!」と話題になっているので、ご紹介します。

ホームと電車の間にあるのは、5本のロープでできたバー。電車が停まると…?

20078_01

出典:@Non51235

自動でバーが上がり、その下を乗客が通れるように!

実はこの『昇降式ホーム柵』、2013年ごろから少しずつ試用運転されているもの。

従来の『扉式ホーム柵』が設置にかかる費用は、一駅で3億~10億円!それに対しこのホーム柵は、比較的安価で設置することができるのです。

ホームを鉄製の柵で囲った扉式ホーム柵と比べて、昇降式ホーム柵は5本のロープ。「壁がないと視覚障がい者の方がホームを安心して歩けないのでは…」という問題点もありますが、こういった多くの利点があります。

  • 設備の重量は一般的なホームドアの約半分
  • ホームの強度補強をしなくても設置できる
  • 戸を収納する部分が不要なため、停車位置の微調整がなくなる
  • 設置する際、トラックで搬入できる

設置の手軽さゆえ、今後は多くの駅に設置されるであろう昇降式ホーム柵。接触事故が多発する駅や人が多い駅を中心に、早く全国で導入されるといいですね。

出典
@Non51235

Share Tweet LINE コメント

page
top