grape [グレイプ]

大河終わりの大泉洋に忍び寄る魔の手! 「水曜どうでしょう」の新作フラグ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

提供:産経新聞社

1996年10月に、北海道テレビ放送(HTB)制作のローカル番組として放送がスタートした「水曜どうでしょう」。

今では俳優として活躍する大泉洋さんの出世作としても知られ、再放送版に当たる「どうでしょうリターンズ」「水曜どうでしょうClassic」は、ほぼ全国区で放送されています。

2016年現在、レギュラー放送は行われていませんが、不定期で制作される新作はファンが常に待ち望んでいるものです。

「新作のフラグか?」とTwitterが騒然

そんな人気番組「水曜どうでしょう」の最後の作品は、2013年10月から全13話放送された「はじめのアフリカ編」。

以来、約3年間。DVDの発売やイベントなどは行われて来ましたが、新作の放送はありませんでした。

しかし、そんな「水曜どうでしょう」の新作が制作されるのでは、とTwitterが騒然とするツイートが、ミスターこと鈴井貴之さんによって投稿されます。

「新作のフラグか?」とTwitterがザワついた、ツイートがこちらです!

「待ってろ大泉洋!」

ちなみに、写真は投稿者本人のミスターと、藤村D(藤村忠寿さん)、ディレクターでありカメラマンでもある、うれしー(嬉野雅道さん)の3人。

これに大泉さんが加われば、いつでもロケがスタートできそうな雰囲気です!

このいかにも「水曜どうでしょう」らしいツイートに、多くのファンが反応します。

中には、こんな物騒なコメントも!

大河ドラマ「真田丸」の打ち上げ会場から、大泉洋さんを連れ去って、そのままロケ…「水曜どうでしょう」ならやり兼ねません(笑)

詳細などはまだ未定ですが、とんでもないムチャ振りで大泉さんを振り回すであろう3人の意味深なツイート。

「水曜どうでしょう」にどんな動きがあるのか、今から楽しみですね!


[文/grape編集部]

出典
水曜どうでしょう@TAKAYUKISUZUI

Share Tweet LINE コメント

page
top