grape [グレイプ]

中居正広、最後にメンバー名を絶叫! 解散前最後のラジオで「誰も悪くないんです」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2016年12月31日をもって解散したSMAP。26日に放送された『SMAP×SMAP』で5人での活動を終えた彼ら、その後、それぞれのラジオ番組内でファンへの感謝を伝えていました。

31日、SMAPメンバーとしては最後のラジオ放送となった中居正広さんが、ニッポン放送『中居正広のSome girl’SMAP』に出演し、今の気持ちを吐露しました。

番組冒頭、ゆっくりとした口調でこう語り出しました。

「2016年大晦日。幸か不幸か31日ですか。うーん。神様は、僕に31日という今日の日を、どういう意味で与えてくれたのかなっていうね」

「これは、『しっかりしなさい!』と言っているのか、あるいは『しっかりつとめなさい!』と言っているのか。なんで31日だったんだろうね」

「何か意味があるのかなって、僕は勝手な解釈をしようと思ってますけど、お話ししないといけないこともあるのかなと思ってます」

と、2016年12月31日、SMAP解散の日に放送がされることについて「何か意味がある」と心境を語りました。

そして、メンバーについて「誰も悪くないんです。」と切り出しました。

「メンバーはこの一年ほんとによく頑張りました。よく踏ん張ったと思います。色々な思いあったと思います。複雑な思いあったと思います。よくがんばったなと思います。最後までよくがんばったなと思います。」

と語り、ねぎらいとお褒めの言葉をメンバーにかけてあげて欲しいと伝えました。

さらに、ファンが行っていた活動について、

「37万人以上の署名運動とか、『世界に一つだけの花』の購買運動とか、ベストアルバムに投票してくれたこととか、9月9日のSMAP25周年に各地でイベントしてくれたこととか、新聞の広告欄にメッセージをくれてることとか、しっかりと、まっすぐに僕の目にも耳にも、なにより僕の心に皆のすべての思いっていうのは、ちゃんと届いています」

と語り、「お返事遅れましたけど、ありがとう、ありがとうでいっぱいです。期待に応えられなくて、申し訳ないでいっぱいです」と感謝の気持ちを伝えました。

番組ラスト中居さんは、「曲紹介もするつもりないんで。それではサムガールSMAPも最後。SMAP中居正広としても最後の放送。勝手ながら締めさせていただきたい。ちょっと声張りますね。」と前置きをして、こう絶叫しました。

慎吾ーー!!
剛ーー!!
吾郎ーー!!
木村ーー!!
スマップー!!
じゃーねーーー!!
バイバーーーイ!!

エンディングでは、88年のグループ結成後の原点とも言える「SMAP」が流されました。

ファンの心境は

放送後、20年以上ファンを続け、時には追っかけに明け暮れた日もあるSMAPファンの女性に、今の心境をお聞きしました。

ーーついに解散。今の心境はいかがですか?

今年、解散の報道がされた時から覚悟はしていたけど、正直、さみしい。個人で個別にテレビやラジオ出演をする姿と、5人が揃った時のそれは別のもの。それが見られなくなると思うと、何か心に穴があいたような気持ちです。

ーー今後に期待することは?

5人という形ではなくても、中居くんと慎吾とか、それぞれがまた一緒にテレビに出演して、SMAPだけで見せてくれたあの笑顔をまた見せてほしい。中居くんの最後の言葉にも「SMAPの仲の良さ」は健在なのだと、それを期待されてくれるものだと感じました。

ーー

SMAPとしての活動を終えた彼らですが、これからの個々の活動に「大きな期待と応援を送りたい!」、日本中で多くの方がそう思っているのではないでしょうか。2017年、新たなスタートを切った5人にこれからも注目していきたいと思います。


[文/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top