grape [グレイプ]

「全部、人が決めたことなんです」森三中・大島美幸が芸人になった意外な理由

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

提供:産経新聞社

体を張った芸が評価されるなど、女性芸人の中で高い人気を誇る森三中。メンバーの大島美幸さんが、お笑い芸人になったきっかけを明かしました。

それは2017年3月12日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『ボクらの時代』でのこと。「本当はスタイリストになりたかった」という大島さん。芸人になった理由は、意外すぎるものでした。

いじめの延長でお笑い養成所に通うことに!

大島さんは高校時代、いじめを受けていたそうです。

そして驚くのが、そのいじめが原因で芸人を目指すことになったということ。

いじめっ子から「これ行けばいいじゃん?」とチラシを持ってこられたのが、吉本興業の養成所であるNSCでした。いじめの延長線上で、NSCの入学が決まってしまったのです。

※画像はイメージです

人生のターニングポイントは周囲の助言

芸人になることを勧めたのは、なんといじめっ子。それだけでなく、放送作家である夫・鈴木おさむさんとの結婚も、相方の村上知子さんや黒沢かずこさんから背中を押しされて、ことが運んだのだそうです。

大島さん曰く、「当初は全く結婚願望がなかったが、村上さんらの後押しがあって結婚が実現した」とのこと。

「全部そうなんです。人が決めたことなんですよ」

ボクらの時代 ーより引用

大島さんの人生の大事な決断は、周囲の助言があってのことだったのです。

それを聞いた共演のクワバタオハラ・くわばたりえさんは「全部プラスにいってるやん!」と、ツッコんでいました。まさにその通りだと思います。

視聴者の反応は?

  • きっかけはどうであれ全部成功しているんだからスゴイ
  • いじめっ子に感謝する必要はないけど、よくそれで養成所通ったと思う
  • もしかしたらいじめっ子は大島さんのお笑いの才能に気付いていたのでは
  • 今頃、そのいじめっ子も驚いているはず

仕事・結婚と人生における大事な選択を人の助言にゆだね、それが全ていい方向に働いている…ある意味、それも大島さんの才能なのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
osamuchan_suzukiボクらの時代

Share Tweet LINE