grape [グレイプ]

ケガで動けなくなったテニス選手が号泣 すると、胸が熱くなる光景が

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2017年5月末から行われている全仏オープンテニス。

その中で、なんとも胸が熱くなるシーンが見られました。

動けず泣き出した選手に

男子シングルス2回戦。フアン・マルティン・デル・ポトロ選手と、ニコラス・アルマグロ選手の試合中のこと。

アルマグロ選手が、試合前から抱えていた膝のケガが悪化し、試合中に動けなくなってしまいました。がっくりとうなだれ、打たれたサーブも見送ってしまいます。

そして悔しさからか、涙が止まらなくなってしまったアルマグロ選手。すると、デル・ポトロ選手がゆっくりと動き始めました…。

励ましの言葉でしょうか。アルマグロ選手に何か声をかけながら、寄り添うデル・ポトロ選手。

そしてアルマグロ選手の棄権が決まると、互いの健闘を称え合う、力強いハグがみられました。

試合後のデル・ポトロ選手のTwitterには「ケガが早く治るよう願っている」と、優しい言葉が投稿されています。

デル・ポトロ選手は20歳の時に全米オープンを制するも、その後は手首やヒザ、足首などのケガに悩まされながら戦い続けています。

そういったこともあり、アルマグロ選手の気持ちが痛いほど分かったのでしょう。

怪我による棄権はとても残念ですが、2人の健闘を称え合う姿に心が震わされました。


[文・構成/grape編集部]

出典
Tennis Channel@delpotrojuan

Share Tweet LINE コメント

page
top