grape [グレイプ]

「ご飯いらない!」とダダをこねる子ども 母親のひと言で、見事に完食!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

やっと子どもの夜泣きから解放され、親がホッとひと息ついたのもつかの間…次に襲いかかるのは『イヤイヤ期』。

次々と発せられる「イヤ!」「やだ!」「やりたくない!」といったあまりの理不尽な『イヤイヤ』に、頭を抱えてしまいますよね…。

「ご飯食べたくない!」

お腹が減っているはずなのに、なぜか頑なに「いらない!」と主張する子どもたち。

そんな時、2児の母である川北ベッソン(@VsIbiru)さんが、4歳の娘と2歳の息子の『イヤイヤ』を、ピタリと止ませた方法とは…!

「ご飯食べたくない!」という子どもに、母が一言

レジャーシートを部屋に広げ、ダンボールを机代わりに設置したお母さん。ダンボールの上に、食事を置きます。

そして、ボソッとこうつぶやくのです。

「今日は、ママが1人でピクニックか…」

すると、今まで「イヤイヤ」していた子どもたちは、楽しそうな顔で食べ始めたのだとか!そして、見事に完食!

きっとお子さんたちは、『いつもと違う食事のシチュエーション』に「楽しそう!」と心躍ったのでしょう。

ちなみにお母さんによると、ベランダや階段といった、いつもと違う場所で『疑似ピクニック』をすると食べるのだとか!

また、可愛らしい子どもようのテーブルよりも、ダンボールを机代わりにした方が効果があったそうです。

※写真はイメージ

食事の時間は、おいしい食べ物を楽しみたいものですよね。

「子どもがご飯を食べてくれない!」という方は、一度試してみてはいかがでしょうか。お子さんの性格によっては、絶大な効果を発揮するかもしれません!

川北ベッソンさんは、育児系のブログを公開しています。イラストも可愛らしいので、ぜひご覧になってみてください。


[文・構成/grape編集部]

出典
@VsIbiru

Share Tweet LINE コメント

page
top