grape [グレイプ]

引退が決まった、1匹の警察犬 素敵な『サヨナラ』で見送られる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

鋭い嗅覚を活かし、多くの事件解決に助力してくれる警察犬。

彼らは訓練を乗り越え、日々私たち人間を助けてくれています。

この日、アメリカ合衆国フロリダ州にあるオーランド国際空港では、1匹の警察犬が引退の日を迎えようとしていました。

引退する警察犬への『さよならパーティ』

警察犬を引退することになった彼女の名前は、K-0ジェマ

2012年に就任して以来、この空港で不審物のチェックなどをして働いてきました。

大切な仕事仲間であるジェマを見送るために、職員たちは『さよならパーティ』を開くことにします。

「退職おめでとう!」

会場に集まったのは、3人の職員と、警察犬として共に働いてきた、フィナとリザ、グランド。

そして、大切なパートナーである、トレーナーのエディさんの姿もありました。

パーティが始まると、可愛らしいラッピングが施された骨をもらい、頭にはピンク色のティアラを乗せてもらった、ジェマ。

大好きな仕事仲間たちに囲まれ、楽しいひと時を過ごしました。

エディさんは、ジェマについてこういいます。

「彼女は、私の目のような存在です。
妹であり、ボディーガードでもあります。

私が孤独を感じた時、この子は『1人じゃないよ』と教えてくれました」

@MCO ーより引用(和訳)

その後、めでたく警察犬としての役目を全うしたジェマは、エディさんの家で新しい人生を歩み始めました。

『仕事のパートナー』としてではなく、『大切な家族』として…。


[文・構成/grape編集部]

出典
Orlando International Airport (MCO)@MCO

Share Tweet LINE コメント

page
top