grape [グレイプ]

母乳を寄付する2児の母 人と違う体を活かす彼女に、絶賛の嵐

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Elisabeth Keturah Anderson-Sierra

世の中には、人と違った体質を持っている人がいます。

他人と違うところをイヤだと感じる人もいるかと思いますが、この女性は違いました。

「神様からもらった、『変わった体』という『ギフト』をほかの困っている人のために使おう」と決め、驚くべきことで人々を助けています。

どうしてこんなに母乳が出るの?

アメリカのオレゴン州に住むエリザベス・アンダーソンさんは、何年も献血をしていました。

第1子であるイザベラちゃんを妊娠した時、彼女は「授乳中も何か寄付したい」と考えます。

やがて、アンダーソンさんは無事にイザベラちゃんを出産。そして、予期しなかったことが発覚。

なんと彼女は、人よりも、驚くほど多くの母乳が出る体質だったのです。

アンダーソンさんは、自身の体の特徴と向き合い、余分な母乳を『Tiny Treasures Milk Bank』に寄付することに決めました。

この『Tiny Treasures Milk Bank』は、がん研究や母乳育児に携わっている団体です。

母乳で子どもを育てられない理由はさまざま。がん治療で母乳を我が子に与えられず、困っている人もいます。アンダーソンさんはがんで家族を失っているため、共感する部分が多かったのです。

母乳を寄付すれば、自らの母乳で子どもを育てられない、そういった人たちを助けることができます。

厳しい検査を受けて、アンダーソンさんは母乳の寄付を始めました。

第2子であるソフィアちゃんを産んでからも母乳の量は増え続け、1日約6.6リットルも搾乳できるように!

1歳児の場合に必要な量は1日2リットルほどといわれている母乳ですが、アンダーソンさんは必要な量をはるかに上回っています。

『Tiny Treasures Milk Bank』から彼女には、1リットルにつき約33ドル支払われるのですが、課税されるため、手元に残るのは半分の金額です。これは、母乳のもととなる食料品を購入する分に使います。また、搾乳用のポンプを購入したり、管理したりするコストで大半が消えてしまいます。

赤ちゃんの口に入るものなので、彼女は自分の体から、ポンプ、母乳の保存場所まで、コストをかけて相当厳重な管理をしなければなりません。

母乳保管のために3台の専用冷蔵庫を用意し、ポンプを殺菌し、搾乳した母乳をラベリングして凍結するところまで行うと、多くの時間を使ってしまいます。

それでもアンダーソンさんは、母乳を必要としている家庭のために、休みなく働いているのです。

2年5か月も寄付を続けているアンダーソンさんに、Facebookでは多くの反響がありました。

  • あなたは素晴らしい仕事をしている!
  • 世界記録のギネスに登録すべきだ。
  • とても誇りに思ってる。
  • あなたは素晴らしいママだ!

誰にでもできることではなく、まさに彼女に与えられた、『神様からのギフト』です。

たくさんの時間を消費してしまっても、自分の使命として、アンダーソンさんは受け入れています。

多くの母乳を寄付したアンダーソンさんは、彼女の母乳を飲んで育った子どもたちの、広い意味での『母』といえるでしょう。

たくさんの命をはぐくむということは、それだけ多くのキズナをつなぐということ。

素晴らしい行動に、心が温かくなります。


[文・構成/grape編集部]

出典
Elisabeth Keturah Anderson-Sierra

Share Tweet LINE コメント

page
top