「いつの間にこんな大きく?」上野動物園のパンダ『シャンシャン』に癒される

2017年6月に、上野動物園で生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん。10月8日には『シャンシャン(香香)』という名前も披露されました。

そして、10月10日に14回目となる身体測定が行われ、順調に育っている様子を上野動物園(@UenoZooGardens)が投稿。

生後4か月のモフモフと可愛らしい、赤ちゃんパンダの姿をご覧ください!

つぶらな瞳で飼育員さんの腕にしがみつく姿がたまりません!

シャンシャンの体長は69.8cm、体重は7.7kgと順調に増えているようです。つかまり立ちをしながら、歩き回る姿も見られるようになってきています。

さらにこちらの動画では、変わった方法で計測される姿や母親に咥えられる姿など、いつまでも眺めていたくなってしまうシャンシャンを見ることができます。

シャンシャンの姿に「見ているだけで癒される!」「しがみついている姿が可愛すぎて、たまらない」「何もかも、すべてが可愛い」といった声が上がっていました。

多くの人の心を癒しているシャンシャン。一般公開は12月中旬を検討しているそうですが、早く元気で可愛らしい姿を、直接見てみたいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@UenoZooGardens赤ちゃんパンダ120日齢・香香(シャンシャン)つかまり立ちも 上野動物園

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop