先生「子どもの演技が可愛くても、笑わないで」 その理由に、納得する親が多数!

※写真はイメージ

幼稚園などで行われる、子どものお遊戯会。子どもたちが一生懸命頑張っている姿が可愛くて、笑顔になってしまうという人も多いのではないでしょうか。

しかし、作家の大西科学(@onisci)さんは、幼稚園の先生からこんな注意を受けたそうです。

「お遊戯会では、子どもの演技を見て笑わないでください」

最初は首をかしげた大西科学さんでしたが、先生がその言葉をいった理由を知り、納得しました。

先生が注意した理由は…。

親は子どもが可愛くてつい微笑んでしまうが、真剣にやっている子どもは笑われたと感じ、バカにされたと傷付くから。

その一方で、わざとおどけた時は、親が笑ってくれるととても喜ぶのだそうです。

この投稿を見た人から、体験談を含め、さまざまなコメントが寄せられています。

・とても分かります。大人になったいまでも、嫌だった思い出が残っています。

・保育園のお遊戯会を嫌がっていた子どもも、先生が「お父さんとお母さんは、あなたたちが可愛いから笑うのよ」と説明するとやる気になっていました。

・大人になると親の気持ちが分かりますが、子どもの時は分からないものですよね。

親は子どもが可愛く微笑んでいるのに、それを見た子どもが傷付いてしまうとは皮肉な話。

子どもが可愛くても、グッとこらえ、心の中で微笑みながらお遊戯会を楽しむ…子どものためとはいえ、親になるのも簡単ではありませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@onisci

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop