grape [グレイプ]

「あの時息子を出産していなかったら」 安室奈美恵が口にした本音に、温かい涙

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2018年9月をもって、引退することを発表した、歌手の安室奈美恵さん。

2017年11月23日に放送された『安室奈美恵 告白』(NHK系)で、知られざる胸の内を明かしました。

歌手としての安室奈美恵

理想の女性として、多くのファンに愛されてきた安室さんは、意外にも自身のことを「難儀な性格」だと評します。

なんかあまり器用じゃないので…目の前にある単純なことを、分厚い高い壁にしてしまう、っていう。

『安室奈美恵 告白』 ーより引用

25年という芸能生活の中で、何度も壁にぶつかり「歌手としての安室奈美恵が分からなくなった日もあった」と、本音を告白しました。

安室さんは番組内で、テレビ番組への露出が少ないことを尋ねられ、次のように答えています。

こう、なんか面白いことをいわなきゃいけないんじゃないか、とか。

なんか面白いことをしなきゃいけないんじゃないかとかっていう、それがちょっとだんだん苦しくなってきて。

やっぱりこう、テレビの仕事っていうよりも、コンサートっていう場所で、生の私を見てもらって。

「こんな私でよければ、好きになってもらえませんか」みたいな感じがあったので。

『安室奈美恵 告白』 ーより引用

テレビ番組への出演に、プレッシャーを感じていたという安室さんは、徐々に出演を控え、コンサートでの活動を精力的に行うよう、少しずつ切り替えていったといいます。

コンサートでは、MCを一切なくし、2時間丸ごと歌やダンスにあてることで、ファンの人たちに最高のパフォーマンスを見せることにしたのです。

常にファンを愛し、ファンのために成長することを自身に課していた安室さん。

そこには、「自分が1番つらかった時に、ほかの誰でもないファンのみんなに支えてもらった」という、感謝の気持ちがありました。

この人たちが、もう一瞬でも「ああ、今日はコンサート楽しかった」って思ってくれるような瞬間を、なんか作れたら、私はなんか、すごく幸せ者だなって。

『安室奈美恵 告白』 ーより引用

涙ながらに語る安室さんの思いは、多くのファンの心に届いたことでしょう。

母としての安室奈美恵

歌手として活動するかたわら、1人の母親としても、日々我が子と向き合ってきた安室さん。

母親としてはもちろん、歌手としても、息子さんから多くの影響を受けたといいます。

いろんな感情のコントロールのしかたとか、感情の入れかたとか、存在の大きさっていうのは、やっぱり息子がいたから、感じられるものだったので。

いまの私のものの考えかた、見かたっていうのは、息子の存在があるからこそ、いまの考えかた、ものの見かたになっているので、あの時息子を出産していなかったら、多分全然違う安室奈美恵がここに座っているか、座っていないか、だと思います。

『安室奈美恵 告白』 ーより引用

安室さんは、息子さんへの愛情を述べ「年齢を重ね、守るものが増えたと思う」と、顔をほころばせました。

ネット上では、番組を見た人たちから、称賛のコメントが相次ぎました。

・努力家で、ひたむきな女性なんだなぁ。

・ファンは幸せだと思う。この人の言葉には、ウソがない。

・仕事や子育てに対し、美学を持って、本気で取り組んできたのが伝わった。

残りの時間は「いつもの自分らしく、楽しみながら歌えたら」と語る安室さん。

唯一無二の歌姫として、ひときわ輝く彼女の姿を、ラストまで目に焼き付けたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
もっとNHKドキュメンタリー

Share Tweet LINE