「公園で遊びたい」とねだる子ども その後の言葉にゾッとした

※写真はイメージ

イラストレーターとして活躍する、ミズノシンヤ(@miraityuuou)さん。

2歳のお子さんと、夜の公園の前を通りかかった時、ゾッ…とする体験をしたといいます。

「遊びたい」と、いわれたから

子どもがいうことを聞かない時に、「お化けが出るよ」「鬼が来るよ」と怖がらせる人もいることでしょう。

その日、お子さんに公園で「遊びたい」とせがまされたミズノさんも、冗談交じりに「夜の公園は、お化けが出るよ〜」といって、諦めさせようと考えました。

しかし、お子さんから返ってきた答えは…。

暗闇を指差して「これ?」といってきたのです!

こ、これは怖すぎます…。

ミズノさんが投稿したエピソードは、多くの人を震え上がらせました。

・幼い子どもは、お化けが本当に見えていると思う。

・怖がらせようとしたのに、逆に自分が怖がってしまうというカウンターパンチ。

・大人になったら、見えなくなってしまう不思議な存在。

一体お子さんは何を見たというのでしょうか…興味を引かれますが、知らないままのほうがいい気もしてしまいますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@miraityuuou

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop