grape [グレイプ] entertainment

助っ人外国人かよ!? 関口メンディー、始球式で観客の度肝を抜く

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ダンス&ボーカルグループ『EXILE』と『GENERATIONS』でパフォーマーを務める関口メンディーさん。

本業のダンサー以外に、TVのバラエティ番組に出演したり俳優業に挑戦したりと、さまざまな分野で才能を発揮しています。

そんな関口さんに、プロ野球ファンから熱い視線が送られているのだとか。

きっかけは、2018年6月5日の読売ジャイアンツ vs 東北楽天ゴールデンイーグルス戦での始球式。

そこで関口さんが、とんでもない記録を叩き出したのです…!

室伏を超えた

試合前のセレモニーである始球式には、多くの著名人が登場します。その中には、プロも驚く投球を見せる人も。

たとえば、ハンマー投げの室伏広治さんは始球式で131kmを記録。鍛え抜かれた身体から繰り出さた豪速球を目撃し、選手陣も大興奮していました。

しかし、なんと関口さんが、あの室伏さんの記録を更新したというのです…!

なんと、記録は133km!!

室伏さんが打ち出した131kmを2kmも更新しました。

これには解説者も「始球式の中では、相当な球速です」と大興奮。観客からも大歓声が沸き起こりました。

助っ人外国人感、はんぱない

この日の快投を、関口さんは自身のInstagramでこのようにつづっています。

小さい頃から野球をしていた身として本当に光栄な経験をさせて頂きました。

結果は133kmで目標の140kmには届かず悔しい思いをしたので次回リベンジで140km投げたいです!

mandy_sekiguchi_official ーより引用

また、ハッシュタグには『#助っ人外国人感ぱない』をつけるなど、結果は別として始球式を心から楽しんだ様子。

・素質ありすぎるでしょ!

・来年のドラフトに期待ですね。

・求む、メンディーの入団。

ファンからも投球を絶賛するコメントが目立った、メンディーさんの始球式。日本初の、ダンサー兼業プロ野球選手の登場…なんて、夢見てしまいますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@TokyoGiantsmandy_sekiguchi_official

Share Tweet LINE コメント

page
top