grape [グレイプ]

菅田将暉「意識が足りてなかった」 番組中、関係者から注意を受ける

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

子どもから大人まで、幅広い世代に人気の『仮面ライダーシリーズ』。特に子どもにとっては、永遠のヒーローです。

そんな仮面ライダーシリーズの粋な対応「さすがヒーロー!」「子どもの夢を守ったね」と大人たちから称賛の拍手が沸き起こっています。

仮面ライダー出身俳優の疑問

テレビ朝日系で放送中の『ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~』は、身近にあるモノの『ソノサキ』を探るバラエティ番組。

例えば、市役所に提出された婚姻届のその後や、リサイクル家電のその後を深堀するという内容です。

2018年7月24日放送回では、ゲストに仮面ライダー出身俳優としても知られる菅田将暉さんが出演。

そこで、菅田さんは番組側にこんな疑問をぶつけました。

仮面ライダーの衣装は、その後どうなったのか?

そして、番組側が調査した結果の答えを、番組MCを務めるお笑いコンビ『バナナマン』の設楽統さんが発表。

結果的に、衣装のその後を紹介するVTRは用意されていませんでしたが、そこには深い理由があったのです。

「いろいろと大人の事情がありまして、はっきりといえない部分があると」

「菅田さんはご存知だと思うんですが、仮面ライダーは実在するじゃないですか。なので、『使い終わった衣装』っていうことはないんですよ」

ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~ ーより引用

『使い終わった衣装』と認めることは、仮面ライダーが『架空の存在』であることを認めてしまうこと。

つまり、仮面ライダーの存在を信じている子どもたちの『想い』を置き去りにする行為ともいえます。

たとえドラマ自体は終わっても、仮面ライダーはどこかでいまも活躍し続けている…子どもたちの夢を守る大人の回答に、放送終了後には視聴者から称賛の声が寄せられました。

・だから仮面ライダーシリーズって好きなんだよ!

・リアルタイムで見ていて、笑った。仮面ライダーは実在するんだよ。

・細かい設定だな〜。

また、コーナーの最後に「今後も、仮面ライダーが実在するというスタンスでお願いします」と注意されてしまった菅田さん。「意識が足りてませんでした」と恐縮している様子でした。

2018年で放送開始から47周年を迎える仮面ライダーシリーズ。半世紀近く愛され続ける理由は、視聴者の『想い』を1番に考える姿勢なのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~

Share Tweet LINE コメント

page
top