grape [グレイプ]

孫との約束を叶えられなかったおじいちゃん 脳梗塞になって、ずっと悔いていたこと

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

漫画や似顔絵などを描いている、悠木 灯(tomo406)さん。

自分のことを「まずるちゃん」というミニキャラで描き、エッセイ漫画をInstagramに投稿しています。

その中から、まずるちゃんのおじいちゃんが脳こうそくになったエピソードをご紹介します。

当時、おじいちゃんは72歳。昔はダンプカーの運転手をしていて、引退してからは軽自動車に乗っていたそうです。

誰かに何かをしてあげることが好きなおじいちゃんは、脳こうそくになった日の朝、孫のまずるちゃんにある約束をしていました。

じいちゃんと孫

倒れてしばらくしたら、ICU(集中治療室)から4人部屋へ移動したおじいちゃん。

この時には、まずるちゃんは高校生になっていました。学校から帰宅する前に、おじいちゃんの元へ通うことが日課になります。

おじいちゃんに謝られた時、一瞬何のことをいっているのか分からなかったまずるちゃん。

その約束は、日常の中の何気ないものでした。しかし、おじいちゃんは脳こうそくになった日にまずるちゃんにしてあげたかったことを、ずっと覚えていたのです。

おじいちゃんの愛情を改めて感じたまずるちゃんは、次のように語っています。

いま私がじいばあの家に頻繁にいたり
介護のお手伝いをしているのには
こういう過去がありました。
.
目標はお葬式で泣かないくらい
何でもやりきりたい。
もう後悔ない!
私のできる限りのして欲しそうな事は全部やった!って言いたい!
絶対無理ですけど!笑
.
それくらいたくさんの命をかけた愛情を目一杯貰ったので、心を込めて返して生きたいです。

tomo406 ーより引用

リハビリを頑張ったおじいちゃんには、またまずるちゃんや家族と話したいという想いがあったのでしょう。

1日1日を丁寧に、大切な人たちと生きていきたいですね。

悠木さんのInstagramには、ほかのエッセイ漫画やイラストなども多数投稿されています。気になった人は、ぜひご覧ください。

Instagram:悠木 灯(まずるちゃん)(tomo406


[文・構成/grape編集部]

出典
tomo406

Share Tweet LINE