grape [グレイプ]

「こんな素敵な人になりたい!」 飲食店で赤ちゃんがいきみ、母親があわてると…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「不安な子連れが安心できるように」

「子育て未経験の人が『こうすれば喜ばれるんだ!』と気付きを得られるように」

そんな思いから、心温まる子連れのエピソードが投稿されている、Twitterのハッシュタグ『#子連れ中されて嬉しかったこと』。

多くの親が、いままで出会った優しい人についての素敵なエピソードを寄せています。

カフェで赤ちゃんがウンチ!?母親があせっていると…

コミックエッセイを描いている漫画家の青鹿ユウ(@buruban)さんも、1児の母親。

まだ生後3か月だった娘さんを連れて、初めて2人でカフェに入った日の出来事を投稿しました。

飲食店で赤ちゃんがウンチをしそうになり、青鹿さんは大慌て!「店内で臭いがもれてしまったら…」と思い、店を出ようとしました。

その時、笑顔で声をかけてきたのは年配の女性。青鹿さんが使い終わった、食器が乗ったトレイを片付けてくれようとしたのです。

「大変ねえ。早く行ってあげて」

親切な行動だけではなく、女性のこの言葉に青鹿さんの心は温まったことでしょう。

今回の出来事を経て、「自分も上手に恩送りができるよう、年を重ねていきたい」と思ったという青鹿さん。

そして青鹿さんだけではなく、投稿を見た人たちからも「自分も、こういった行動ができる人になりたい!」という声が上がっています。

人の優しさは、こうして連鎖し、徐々に広がっていくのかもしれませんね!

青鹿さんの家族エッセイ漫画はコチラで!

青鹿さんは、夫がガンになったことをきっかけに『第二の患者(がん患者の家族)』としてブログで漫画を投稿しています。

また、幼い娘さんも含めた、家族3人の心温まるエッセイ漫画も!ぜひご覧ください。


[文・構成/grape編集部]

出典
@buruban

Share Tweet LINE コメント

page
top