grape [グレイプ]

すべては1人の少年のために 9月にクリスマスがやってきた町 理由に感動

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@Jennmarie76

アメリカ・オハイオ州郊外の町、コールレイン・タウンシップ。2018年9月23日、この町がクリスマス一色になりました。

住宅街はクリスマスのデコレーションに彩られ、サンタクロースやトナカイを乗せた車が盛大に町をパレードし、たくさんの人たちが3か月早いクリスマス気分を盛り上げます。

なぜ9月にクリスマスなのか…それには理由が

この特別なクリスマスイベントは、ブロディくんという2歳の男の子のために開催されました。

ブロディくんは脳腫瘍を患っており、医師から「おそらく彼の命は12月までもたないだろう」と宣告されたのです。

そこで彼の家族は幼い息子に「最後にもう1度だけクリスマスの気分を味わわせてあげたい」と願い、Facebookにその思いを投稿。家族や友人に向けて、「クリスマスの飾りつけをしてくれませんか」とお願いします。

するとそのことを知った人たちが次々と協力を申し出て、なんとブロディくんのために町をあげてクリスマスのスペシャルイベントが行われることになったのです。

多くの人たちが着ているスーパーマン風の青い特製Tシャツにはブロディくんのイニシャル『B』の文字が。

ブロディんくん本人もそのTシャツを着て、パレードに参加しました。

そして夜にはブロディくんのために、盛大な花火がコールレイン・タウンシップの夜空を彩りました。

またこのパレードに先駆けて、たくさんの人たちがブロディくんのために集合。クリスマスソングを歌ったり、プレゼントをあげたりしてお祝いしました。

町中の人たちと一緒にクリスマス気分を満喫したブロディくんはとても喜んでいたということです。

彼の母親はFacebookに感謝の気持ちをつづっています。

この特別なクリスマスを実現するために協力してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

私たちは次にやってくるかもしれないことへの恐怖より、笑って、残りの人生でずっと記憶に残るような美しい瞬間にフォーカスしていきます。

Shilo Allen ーより引用(和訳)

1人の男の子のために、3か月早くクリスマスがやってきた町。

たくさんの人たちの愛と優しさがブロディくんにとってパワーとなり、彼が1秒でも長く家族と一緒に幸せな時間を過ごせることを願います。


[文・構成/grape編集部]

出典
Shilo Allen@JakeWCPO@BUnderwoodWKRC@crdschurch@OakHills_HS@FOX19MattW@Jennmarie76@annthompsonwvxu@EmilyWoodWLWT

Share Tweet LINE コメント

page
top