grape [グレイプ]

『痴漢被害』の内容を矢作兼が語る あまりの生々しさに、スタジオ中が戦慄

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

社会問題化している『痴漢』。被害者の多くは女性ですが、男性も被害にあうことは珍しくないといいます。

お笑いコンビ『おぎやはぎ』の矢作兼さんも、芸人としてデビューする前に痴漢被害にあったことがあると告白。

2018年10月1日放送のバラエティ番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)で、当時の生々しい状況を語りました。

矢作兼「1日に3回も…」

20代前半のころに、電車の中で男性の乗客から痴漢されたという矢作さん。さらに、当時は「1日3回(被害に)あったの」と語り、スタジオ中を震撼させました。

また、ほかの出演者から「どんな被害にあったのか?」という質問に対しても矢作さんは答えています。

「後ろでね、男性のアレをね、俺のお尻の割れ目に押し付けてくんの。で、俺のポケットに手を入れてこようとすんの」

おぎやはぎの「ブス」テレビ ーより引用

あまりにも生々しい告白に、一時騒然とするスタジオ。

矢作さんは淡々と喋っていたものの、当時は恐怖でいっぱいだったようで「怖くてひと言も声が出ない」と振り返っていました。

男性だって怖いものは怖い

恥ずかしさや恐怖心から、痴漢をされている間「声を上げられない」という被害者の話はよく耳にします。

矢作さんも、痴漢被害にあったことで「女性の気持ちが分かった」と語っており、被害者が受ける精神的苦痛は相当なものであることが分かります。

今回の矢作さんの告白は視聴者にも衝撃を与え、放送終了後にはネット上にさまざまな声が寄せられました。

・俺も痴漢にあったことがある。その時は恥ずかしいやら、何が起こっているか分からないやらで、いろいろと衝撃的だった。

・男性だから「力で勝てるだろ」とか「冷静に対処できるだろ」とか思ったら大間違いだからな。

・男性は痴漢被害にあうし、女性からは痴漢と間違われる可能性もあるしで大変だよ。

痴漢は、誰が被害にあってもおかしくない犯罪行為です。だからこそ、当事者だけの問題とするのではなく、周囲の人も含めて「痴漢は許さない」という社会を作ることが求められます。


[文・構成/grape編集部]

出典
おぎやはぎの「ブス」テレビ

Share Tweet LINE コメント

page
top