grape [グレイプ]

犯罪者が『犯罪者らしい見た目』をしている、とは限らないというお話

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニュースで事件が報じられると、容疑者が捕まった段階で「いかにも犯罪を犯しそうな顔だね」などと言われることがあります。

もちろん、犯罪者らしい犯罪者も中にはいるでしょう。

しかし、当たり前のことですが、犯罪者が必ずしも「犯罪者らしい見た目」とは限りません。むしろ、そうでないことの方が多いのが現実ではないでしょうか。

小林ギリ子(@kobayashigiriko)さんが大学時代に遭遇した痴漢もやはり「いかにも痴漢」という見た目ではなかったようで…

一見しただけでは、小奇麗な人にしか思えない、この男性。

しかし、「えっと…」に続く言葉に驚愕させられます。

普通の男性が普通の顔で言い放ったひと言!

出典
@kobayashigiriko

Share Tweet LINE コメント

page
top