grape [グレイプ]

『ギャラ2千円で依頼したMV』がTwitterで話題に! 「最高」「ある意味力入ってる」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ミュージックビデオの監督に少額のギャラしか渡さなかった結果、世界一適当なMVが完成しました。

そんな一文と共に投稿され、Twitterでまたたく間に拡散された動画をご紹介します。

投稿したのは、ソロで音楽活動をしているハヤシユウ(@884yuu)さん。

2018年最後の曲『NEXT STAGE』のMVを、ジャンプ力に定評のある前田(@jumpmaeda)さんに監督を依頼したといいます。

MVの制作に定めたギャランティは、なんと2000円!この金額に対し、監督は『ある意味最高のMV』を作り上げました。

2019は音楽と向き合い、妥協しない作品を制作して、その芽を絶やさないように、大切に育てていく。

そんな思いでハヤシユウさんがつづった、未来…『NEXT STAGE』への希望を込めた歌詞。

しかし、MV制作のギャランティが2000円だったせいで、とてもシュールなMVに!

配置やフォントがおかしい曲のタイトル、アーティスト風に出演している監督、謎の筋トレシーン、極めつけは猫のスライドショー…最初から最後まで、ツッコミどころしかありません。

ちなみに監督のツイートによると、「適当なMVを撮りたいから、あえて音楽への想いが伝わる曲を作ってほしい」という依頼をハヤシユウさんにしたのだとか。

2人が協力した結果、こんなにもシュールな作品が誕生したのですね!

計算されつくした『シュール』に、ネット上ではたくさんのコメントが寄せられています。

・いままで聴いた曲で、ここまで歌詞が頭に入らないMVがあっただろうか…。

・無駄に映える味ポンにすべてを持っていかれた。

・これぞまさに「手の込んだ手抜き」…!

・低予算で最大限に面白く魅せる、プロの技術を感じる。

このMVがある限り、真面目な歌詞を頭に入れるのはなかなか難しそうですね。

「歌に集中したい!」という人は…目を閉じるしか手段はないかもしれません!


[文・構成/grape編集部]

出典
@884yuuNEXT STAGE - ハヤシユウ(MV)

Share Tweet LINE コメント

page
top