grape [グレイプ]

箱根駅伝の実況中継を外れたアナ まさかの行動に、称賛相次ぐ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年1月2日・3日に開催された『第95回東京箱根間往復大学駅伝』(以下、箱根駅伝)。

産経ニュースによると、往路で2位だった東海大が復路で追い上げ、大会新記録での初の総合優勝を飾りました。

日テレの青木源太アナウンサーが、Twitterで実況中継!

TV中継される箱根駅伝の話題でネットが盛り上がる中、ひときわ注目を浴びていたのは、日本テレビ・青木源太アナウンサーのTwitterアカウント。

青木アナウンサーは、日本テレビに入社してからずっと、箱根駅伝の実況中継を担当していました。

今回は実況中継の担当を外れ、13年ぶりに自宅のTVごしに選手の活躍を応援することになったといいます。

青木アナウンサーは、箱根駅伝が開催される前日に「選手たちと同じくらい、一生懸命に準備してきたアナウンス部の仲間のことも応援したい」とツイート。

箱根駅伝が始まると、Twitterを利用して実況中継を行います。

時には実況中継を経験したアナウンサーならではの『豆知識』を披露するようなつぶやきも。

8区を走っていた東海大の小松選手が、22年ぶりに区間記録を破った瞬間は、青木アナウンサーも大興奮!

青木アナウンサーは、選手や監督だけでなく、箱根駅伝にたずさわるアナウンサーたちの紹介もそつなくこなしていきます。

青木アナウンサーの実況中継からは、箱根駅伝を心から楽しんでいる様子が伝わってきますね。

ネット上では、青木アナウンサーのツイートを読みつつ、箱根駅伝のTV中継を楽しむ人が続出しました。

【ネットの反応】

・面白い実況をありがとう!

・TVが見られない状況なので、Twitterで実況中継してくれて助かった。

・青木アナのおかげで、いつもの2倍くらい箱根駅伝が楽しめた。

箱根駅伝が開催された2日間にわたり、情熱のこもった実況中継を行ってきた青木アナウンサー。次のようなつぶやきで最後を締めくくりました。

人々の胸を熱くさせる選手たちの戦いは、アナウンサーはもちろん、箱根駅伝に関わるすべての人たちの力によって実現することを実感しますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Aoki_Genta産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top