grape [グレイプ]

ある意味『どストライク』な始球式に笑う 女性が投げたボールが…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

「どのようなボールを投げてもバッターが空振りをする」というのがお約束の日本の始球式。

例えピッチャーが暴投をしようとも、ほのぼのとした雰囲気で終わるものです。

アメリカのメジャーリーグベースボール(以下、MLB)で、「史上最低だ」といわれる始球式が話題になっています。

ある意味ストライク

始球式が行われたのは、2019年5月29日(日本時間)のシカゴ・ホワイトソックス VS カンザスシティ・ロイヤルズでの試合。

始球式のピッチャーは、シカゴ・ホワイトソックスの月間最優秀職員に輝いた女性が勤めました。

女性が投げるボールを余裕で受け止めようと笑顔のキャッチャー。一塁側には、女性の姿を写真に収めようとカメラマンもスタンバイしています。

女性がボールを投げようと振りかぶると…。

MLBの公式Twitter(@MLB)が投稿した、始球式の動画をご覧ください。

なんと、女性が投げたボールがカメラマンに直撃してしまいました!

まさかの大暴投に、アナウンサーも笑いながら実況を中継。

これはMLBの歴史の中で『最悪の始球式』なのか、『最高の始球式』なのか…分からない!

@MLB ーより引用(和訳)

史上最高で最低な始球式に、多くの人が笑ってしまいました。

・これはMLBの歴史上、最悪の始球式だな。笑った!

・ある意味ストライクでいいと思う。

・パーフェクトな始球式でした。

女性にとっては納得のいかない1球になったかもしれませんが…MLBの歴史に名を刻む『始球式』になったことは間違いありませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@MLB

Share Tweet LINE コメント

page
top