grape [グレイプ]

「こんなことして大丈夫?」 焼肉店、捨て身の告知が心配になるレベル

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『姫路セントラルパーク』が認知度が低い現状をポスターにしたように、自虐ネタは絶好のアピールポイントとなり得ます。

もちろん、ただ自虐で終わらず集客につなげることは大前提。

…しかし!!

焼肉チェーン店『安安』が公開した特設webサイトは、もはや「ただの自虐」といえるものでした。

webサイトでは、安安の利用シーンをイメージしやすくするため、○×形式のクイズ『こんなときって安安でいいの?』が用意されています。

たとえば、「彼女に『記念日は焼肉が食べたいな』といわれた」というクイズに、「○:安安でいい」「×:安安ではない」で答えるとしたら、この場合、間違いなく『○』が正解のはず。

しかし、『○』を選ぶと出てくるのがコチラの画面でした。

さらには『高級焼肉HP』へというボタンが用意されており、クリックすると『叙々苑』の公式ウェブサイトにつながるのです…!

わざわざライバル店の利用者を増やしてどうするのでしょうか…。しかし、安安はいたって本気なのです。

実際に安安の特設webサイトでクイズに答えてみてください。どのクイズも『◯』を選ぶと、その後、叙々苑の公式ウェブサイトに誘導されてしまいますから…!

カルビが1人前270円〜、牛タン塩は490円と、メニューのほとんどが500円以下の安安。

低価格帯で焼肉を楽しめる庶民的なブランドであるため、『等身大で伝える』ことにこだわった結果生まれたのが、今回の特設webサイトでした。

捨て身の告知に、ネット上では「こんなことして大丈夫なの?」「よくOK出したな」と困惑の声も。

あまりの自虐に涙が出そうになってしまいますが、同情して利用者が増える…かもしれません!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top