grape [グレイプ]

イギリス首相の『ある行動』に注目が集まる! 内閣ネズミ捕獲長との関係に心配の声も

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年7月に新しくイギリス首相となった、ボリス・ジョンソン首相。

ガールフレンドのキャリー・シモンズさんとの『ある行動』が注目を集めています。

アゴが少し曲がっていたことで捨てられた子犬

キャリーさんは同年9月2日、自身のTwitterで動物愛護団体から保護犬を引き取ったことを報告。

嬉しそうに、保護犬を抱く姿を公開しました。

『ディラン』と名付けられた保護犬は、アゴが少し曲がっていたことで悪質なブリーダーから捨てられてしまったといいます。

無事にアゴを治してもらったディランは、赤いケースに入れられてキャリーさんたちの元へやってきました。

ただ、官邸にはすでに『内閣ネズミ捕獲長』の肩書を与えられている猫のラリーが暮らしています。猫との生活を心配する声も寄せられました。

【ネットの声】

・幸せに暮らしてほしいな。

・とてもいい行動ですね。

・ラリーと仲よくできるかな…。

イギリスのイングランドでは、2020年から『ルーシー法』と呼ばれる、子犬や子猫を繁殖させる悪質なブリーダーやペットショップを取り締まる法律が施行されます。

子犬や子猫の命が多くの人に救われることを祈ります。


[文・構成/grape編集部]

出典
@carriesymondsFriends of Animals Wales

Share Tweet LINE コメント

page
top