grape [グレイプ]

「許せない」「犯罪行為」 赤ちゃん連れを襲う『抱っこ紐外し』に、怒りの声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

赤ちゃんと外出する時に使われる『抱っこひも』。

お腹に赤ちゃんを抱え、背中と腰についているバックルで固定をしています。

なんと、抱っこひもの背中のバックルを見知らぬ人に外されるという『嫌がらせ行為』が横行しているそうです。

『抱っこひも外し』に犬山紙子が怒り

2019年9月20日に放送された情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、SNSを中心に体験談が数多く寄せられている『抱っこひも外し』の嫌がらせについて特集。

番組の取材によると、とある女性が赤ちゃん連れで下りのエスカレーターに乗っていた時に、見知らぬ男性が背中のバックルを外そうとしたといいます。

幸い、危険を察知した女性が逃げたため大事には至りませんでした。女性はその後、店のスタッフに事情を説明。店から警察に連絡をしましたが、いまもその男性は見つかっていません。

このほかにも、バスや電車など交通機関での『抱っこひも外し』体験談がSNSに投稿されています。

※写真はイメージ

番組に出演したエッセイストである犬山紙子さんは、こうした嫌がらせについて、怒りの声を上げました。

迷惑行為ではなくて、殺人行為ぐらいの感覚で思っています。

赤ちゃんは動きますからね。(ひもが)ずれるとかどころじゃなくて、(落ちたら)赤ちゃんが死んでしまうかもしれない。

こういった抱っこひもが必要な月齢の子どもを抱える親って、子どもが死なないように気をはって日々生きているわけですよ。

こんなことがなくても「この子を守らなきゃ」とすごいプレッシャーの中で、毎日外に出る時も家の中でも気をはっているわけです。

これほど怖いことはないですし、ただの『いたずら』で済まされるんじゃなくて、しっかりと裁かれてほしいと思います。

スッキリ ーより引用

また、菊地幸夫弁護士もこの行為は『犯罪』になると述べています。

これ、仮に赤ちゃんが落下して傷を負ったとなれば『傷害罪』ですね。最高15年の懲役ですから。

落ちずに済んでも「バックルが外された」というだけでも、『暴行罪』に該当する可能性もある。その場合、2年以下の懲役または罰金もあります。

犯罪行為になりますからね。

スッキリ ーより引用

バックルを外されそうになった女性は、その後「リュックを背負う」「信号待ちなどで後ろを警戒する」といった対策をしているといいます。

そもそもこんな嫌がらせをする人が悪いのであって、親が自衛を気にしなければならないというのは理不尽な話です。

ネット上では、番組を見た人たちからさまざまな声が寄せられています。

・抱っこひもを使っている人は本当に不安だと思う。犯人が許せない!

・両手に荷物を持っている時にされたらどうしようと思う。怖いです。

・水卜アナが『迷惑行為』って一瞬いったのをコメンテーターが「殺人でしょ」っていいきった。本当にそうだと思う。

赤ちゃんの命を脅かしかねない『抱っこひも外し』。

こんな卑劣な行為をする人がいるとしたら、本当に恐ろしいことです。れっきとした『犯罪』であると認識してほしいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
スッキリ

Share Tweet LINE コメント

page
top