grape [グレイプ]

友人に『汚い言葉』をかけられ、傷付いた9歳児 その後の展開に、考えさせられる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

言葉は人の心を癒し、温める一方で、時に鋭い刃となって他人を傷付けることもあります。

Twitterで反響を呼んでいる、まの瀬(@manosejiro)さんが描いた、言葉に関する実録漫画をご紹介します。

9歳の頃に、友人から不快な言葉を投げかけられた、まの瀬さんは…。

会話の中で、友人にひどい言葉を投げかけられて、大きなショックを受けたまの瀬さん。

数日後、復讐のつもりで同じ言葉を投げかけますが、友人はまったくダメージを受けていませんでした。

そこで初めて、まの瀬さんは「言葉の持つ重みは人によって違う」という事実に気付いたのです。

【ネットの声】

・確かに…。育ってきた環境が違うから、相手によって言葉の重みはみんな違うよね。

・分かる。子供の頃、本当にこの言葉が嫌いで、なんでみんな軽々しく使うんだろうと思っていた。

・同じ言葉を投げ返すより、ハッキリと「不快な思いをした」と伝えた方がいいと思う。

人はみんな、育ってきた環境が違います。自分にとっては『何気ない言葉』だとしても、ほかの誰かにとっては『心を深く傷付けられる言葉』となる可能性もあるのです。

言葉の持つ力と、それを扱うことの難しさを改めて考えさせられますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@manosejiro

Share Tweet LINE コメント

page
top