grape [グレイプ]

「分かりすぎて泣けた」 子連れで新幹線利用した安田美沙子に、共感の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※ 写真はイメージ

幼い子供を連れて、公共の乗り物を利用することは、親にとって大変な労力を必要とするものです。

電車の中で子供が泣き叫んだり、いうことを聞かなかったりすると、肩身の狭い思いをすることも…。

ある日、子連れで新幹線を利用した、タレントの安田美沙子さん。

安田さんは、新幹線でいうことを聞かない我が子に我慢できず、つい怒鳴ってしまったといいます。

怒鳴っちゃいけない、怒鳴っちゃいけない。。そう誓ったのに、新幹線で怒鳴ってしまって自己嫌悪。人目をはばからず泣きながらパパに電話。どうしていいか分からなくなっちゃいました。

yasuda_misako ーより引用

「怒鳴ったらダメだ」と自身にいい聞かせながらも、つい我が子を叱りつけてしまった安田さん。

自己嫌悪におちいり、人目をはばからずに泣きながら夫に電話をしたといいます。

また、安田さんは行きの新幹線でベビーカーの車輪が上がらず、乗り込むのに手間取ってしまいました。

その後、やっとの思いで車内に乗り込んだ安田さんに対し、その場にいたお笑いコンビ『NON STYLE』の石田明さんが「何か持とうか?」と優しく声をかけ、席までベビーカーや荷物を運んでくれたといいます。

行きの新幹線は、ベビーカーの車輪が上がらず、乗り込むのに手こずりました。乗り込んだらノンスタイルの石田さんが何か持とうか?と、席までベビーカーと荷物を運んで下さいました。

優しすぎる双子のパパ。私も双子だから母から大変さは聞いていたから...
天使に見えて泣きそうになった。

この場を借りて、ほんとにありがとうございました。

yasuda_misako ーより引用

石田さんも、幼い娘を育てる父親です。安田さんがパニックにおちいっている姿を見て、手助けしたくなったのでしょう。

安田さんは「子供のことが大好きなのに、周りに迷惑をかけてしまうと余裕がなくなってしまう」と反省。

一連の出来事を振り返り、優しさをもって我が子や子育てと向き合えるよう、気持ちをリセットしました。

安田さんのエピソードに対し、同じように子育てに悩む親から、さまざまなコメントが寄せられています。

・自分も毎回、子供を叱っては自己嫌悪の繰り返しです。育児の悩みはつきません。

・石田さんは優しい人ですね。あまり自分を追い詰めず、安田さんのペースで頑張ってください。

・共感して泣けました。ママは何かと時間に追われて余裕がなくなりますよね。

子供は泣くことや、全身を使って自己主張することが仕事です。時や場合などをわきまえる振る舞いが身につくまでは、親の力ではどうにもならないこともあります。

自分や我が子を責めすぎず、時には周囲の人の助けを借りながら、愛情深く育てていきたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
yasuda_misako

Share Tweet LINE コメント

page
top