grape [グレイプ]

突然、この世を去った飼い猫 飼い主がとった行動に胸が締め付けられる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

自らの演奏をYouTube上で公開している小林柊矢さんが作った曲が、多くの人の涙を誘っています。

『忘れないように』というタイトルが付けられたその曲は、クリスマスイブの日に、突如この世を去った小林さんの愛猫に捧げられたもの。

心臓発作により、わずか5歳で亡くなってしまったという小林さんの愛猫。突然の別れは、小林さんにとってあまりにも受け入れがたいものでした。

そんな中でも、小林さんが自分にできることは何かを考えた結果、心の中に浮かんだのは「この気持ちを歌という形あるものにして残すこと」。

そうして生まれたのが、『忘れないように』でした。

シーツに残ってるおまえの匂いで

ふと現実に引き戻されて

おまえの生きた証たちが今はおれを締め付ける

これはおまえがした最後のいたずらなのかもね

もう会えないんだね

やっと実感してきたよ

部屋のどこにいてもおまえがいるのを想像してしまう

失ってからおまえの大切さに気付くなんてほんと遅いよね

忘れるのが怖くて

忘れてしまったらどうしようって

おまえとの日々がなかったものになってしまうんじゃないかって

だから過去より早くおまえを奪い取っておこう

抱きかかえて

頭を撫でて

温もり与え合って

もうさよならなんて認めたくなくて

だからあと1回だけでいいから

甘えてきて

駆け寄ってきて

2人で一緒に寝そべったりして

またいつか会える日を信じて

さよならありがとう

小林柊矢 ーより引用

命とは本当に何があるか分からないと、改めて教わった気がします。

曲に対して、そうコメントしている小林さん。

歌詞からは、小林さんにとって愛猫との別れがどれほどつらいものだったのか、また、愛猫と過ごした日々がかけがえのないものだったのかが伝わってきます。

猫を飼ったことがある人からはもちろん、今までペットと暮らしたことがない人からも多くのコメントが寄せられている小林さんの『忘れないように』。

「聴いていて涙が出た」「もらい泣きした」といったコメントが多く、小林さんの『忘れないように』は多くの人の胸を打ち、感動の涙を誘っています。

・歌っている人、途中で泣いている。もらい泣きしそう…。

・画質悪い…って、自分の涙でにじんでいただけだった。

・歌を聴いて泣いたのは初めてです。

歌詞の最後は「またいつか会える日を信じて、さよなら、ありがとう」と終わっています。小林さんのその願いは、天国にいる愛猫にちゃんと伝わっていることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
大切な飼い猫が亡くなってしまったので歌を作りました。【忘れないように】

Share Tweet LINE コメント

page
top