grape [グレイプ]

「ふーん、よかったな」 上司の言葉に驚き… 同期と比較して落ち込んでいると?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

社会人1年目の新人にとって、『同期』という存在は気軽に相談し合える存在ですが、同時に気になるライバルでもあります。

求人広告を出す会社で、営業として働いていたえりた(erita_enikki)さんは新人の頃、同期と自分を比較して焦っていた時期があったそうです。

そんなある日、落ち込む様子を見た上司が、えりたさんに声を掛けてきました。

「新人時代に大事なのは、周囲と比べることよりも、たくさん失敗して自分に足らないものを知ること」

ほかの同期の売上が上がる中で成果が出せず、焦っていたえりたさんの心に、上司の教えは深く響きました。

その後、苦手な業務を克服しようと必死に働いているうちに、同期への焦りはなくなり、営業の仕事がだんだん好きになっていったといいます。

投稿を読んだ読者からは、次のようなコメントが寄せられました。

・ちょうど同じ状況です。わたしも比べずに自分と向き合い頑張りたいと思います!元気が出ました。

・みんな頭で分かっていても、身近な人と比べたくなってしまう。これは自分のできなさに対する現実逃避なのでしょう。

・なんて素敵な言葉。年を取ってからの挫折は「腰折れたか」ってくらい立てなくなりますもんね。

・共感します!私も求人広告の営業をしていて、テレアポに試行錯誤をしました。今となってはよい経験です。

得意分野や成長速度は人それぞれ。

周りと比べて焦ってしまう時こそ、自分の中の『弱み』と向き合うことが大切なのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
erita_enikki

Share Tweet LINE コメント

page
top