grape [グレイプ] entertainment

「同じ時期にがん治療」 笠井アナ、岡江さんの訃報をうけ「喜びも吹き飛んだ」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年4月23日、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)による肺炎で、女優の岡江久美子さんが亡くなりました。

岡江さんの所属していた芸能事務所『スタッフ・アップ』は岡江さんについてこのように発表しています。

昨年末に初期の乳がん手術をし、1月末から2月半ばまで放射線治療を行い免疫力が低下していたのが重症化した原因かと思われます。

スタッフアップ ーより引用

笠井アナ、退院の喜びも吹き飛び不安に…。

岡江さんの訃報を受け、同月24日、フリーアナウンサーの笠井信輔さんが朝の情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)で不安な胸中を語りました。

笠井さんは、2019年12月に悪性リンパ腫に羅患していることを発表し、その後入院していましたが、4か月半の闘病生活を経て2020年4月中に退院予定です。

入院中の病院から『とくダネ!』に出演し、退院について不安な胸中を語りました。

昨日の訃報で、そういったなにか喜びというものはすべて吹き飛びました。

といいますのは、岡江さんは私と全く同じ時期にがんの治療をされていてその治療のために重症化した可能性が高いという発表を聞いて、私だけでなく全国のがん患者の皆さんが「自分は大丈夫なのか」と、「私もこれで退院していいのか」と、みんな心配しているんです。

とくダネ! ーより引用

その後、『とくダネ!』の司会であるフリーアナウンサーの小倉智昭さんから「とにかくよかったよね、退院することが決まって」と温かいの言葉をかけられ、笠井さんは「それは、ありがとうございます。本当に」と笑顔で応えていました。

国立がん研究センターによる、『感染症について』

国立がん研究センターの東病院は、抗がん剤と感染症の関係について、このように説明しています。

抗がん剤によって骨髄の機能が低下すると白血球(特に好中球)の数が減少します。

一般的に抗がん剤治療開始後7から10日目頃から白血球の数が減り始め、10日目から14日目頃に最低になり、3週間くらいで回復してきます。

好中球は体内に侵入した病原菌から体をまもる働きがあるため、好中球が減少すると免疫力が低下します。

その結果、いろいろな部位(口、肺、皮膚、尿路、腸、肛門、性器など)で感染症を起こしやすくなります。

国立がん研究センター 東病院 ーより引用

多くの人が、抗がん剤治療を受けながらコロナウイルスの脅威に怯えているのではないでしょうか。

また、東病院はがん患者に対し、感染症についてこのような点に気を付けるべきとしています。

・外出や人混みを避ける
特に長時間換気の悪い場所に不特定の人々が集まるような場所(ライブハウス、スポーツジム、屋形船、ビュッフェスタイルの会食、雀荘、スキーのゲストハウス、密閉された仮設テントなど)

・手洗いを心がける(手指消毒用アルコールもしくは流水と石鹸を使った手指衛生)

・顔(特に眼、鼻、口)はできるだけ触れない

・家庭内でよく触れる部分の清掃、消毒(ドアノブ、スイッチ、手すり、リモコン、電話、携帯電話など)

・睡眠や食事をしっかりとり体調を整える

もし、同居家族が風邪症状を呈する場合には以下の点に注意しましょう。

・部屋を分け、がん患者さんとできるだけ接触しないようにする

・マスクをつける、マスクがなければ咳の時にティッシュや肘で覆うなど、咳エチケットを守る

・よりこまめに手を洗う

・定期的に家の中の換気を行う

・家庭内でよく触れる部分の清掃、消毒回数を増やす

・外出をできるだけ控える

国立がん研究センター 東病院 ーより引用

がん患者に限らず、免疫力が低下してしまう病気を患っている人たちにとっても、コロナウイルスに対する不安は大きなものでしょう。

不安を抱えて過ごす人たちのためにも、疾患がなく元気な人も、日用品や食料品の買い出しの回数を減らすなどし、人との接触の機会を減らしていきたいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
とくダネ!スタッフ・アップ国立がん研究センター

Share Tweet LINE コメント

page
top