grape [グレイプ]

カフェ店員たちの『憧れ』だった常連夫婦 しかし、ある日を境に来なくなり…?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ババレオ(babareo2)さんが、フォロワーの実体験をもとに描いたエピソードをご紹介します。

フォロワーの女性が働くカフェに、よく訪れていた常連客の夫婦。

いつも仲睦まじく寄り添う姿は、店員たちの『憧れ』だったそうです。

しかし、ある日を境に夫婦は店に来なくなり…。

『とある常連夫婦のお話』

しばらく見かけていなかった常連客の夫婦。

ある日、久々に夫の男性が1人で訪れ、2人分のコーヒーを注文したそうです。

帰り際、事情を察した店員の女性が「ご夫婦は私たちの憧れでした」と伝えると、男性は涙ながらにお礼をいい、闘病の末に妻に先立たれたことを明かしました。

夫婦の思い出が詰まった店でかけられた言葉は、男性にとって何よりの励みになったに違いありません。

漫画を読んだ人たちからは、さまざまなコメントが寄せられました。

・読んでいて涙が出ました。男性が前を向けてよかったです。

・きっと思い出の残る『悲しい場所』から、奥様の大好きだった『思い出の場所』になれたのでしょうね。素敵です。

・泣けますね。私もこのご夫婦みたいに、いつまでも手をつなげる仲のいい夫婦になりたいです。

大切な人と過ごしたかけがえのない思い出を胸に、男性は残りの人生を前向きに生きていくことでしょう。

ババレオさんの作品はこちらから

今回のエピソード以外にも、心温まる話や恐い話、クスッと笑えるものなど、さまざまなエピソードを描いているババレオさん。

Instagramのほかにブログも更新中で、Instagramより早く漫画が投稿されるため、気になる人はこちらもあわせてご覧ください。


[文・構成/grape編集部]

出典
babareo2

Share Tweet LINE コメント

page
top