grape [グレイプ]

ゲイの少年がサンタへ送った1通の『手紙』 その内容に「考えさせられる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:USPS Operation Santa®スクリーンショット

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーなどのセクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表わす、LGBTQ。

日本では、ひと昔前に比べるとLGBTQに対する認知が進んでいるようですが、周囲の人からの偏見や差別に苦しむ当事者はいまだ多くいます。

ゲイの少年がサンタへ『願ったこと』

アメリカに住む、ゲイの少年がサンタクロース宛てに書いた『手紙』が反響を呼んでいます。

USPS(アメリカ合衆国郵便公社)が毎年クリスマスの時期に行っている、サンタ宛ての手紙を子供たちから募集するイベント、『オペレーション・サンタ』。

『ウィル』というゲイの少年は、このオペレーション・サンタに1通の手紙を送ります。

そこには、少年からサンタへの切実な思いがつづられていました。

サンタさんはLGBTQを支持してくれる?

もしもサンタさんが神様と話すことができたら、「僕は神様を愛している」と伝えてくれますか。

そして、僕が『ゲイ』でも神様は愛してくれるのか、聞いてもらえませんか?

USPS Operation Santa® ーより引用(和訳)

おそらく少年は、ゲイであることに孤独を感じ、神様へ聞くことで『ありのままの自分でも愛されること』を確かめたかったのでしょう。

その後、手紙を偶然見つけた女性が「この手紙は、私の心を揺さぶりました」というコメントとともにTwitterへ投稿。

すると、投稿はまたたく間に拡散され20万件以上の『いいね』がつき、このような声が多数寄せられました。

・今すぐこの子をハグしてあげたい。誰と戦えば、この少年を守れるのかしら…。

・もちろんよ。サンタさんはきみのことを愛しているし、神様だってきみを心から愛しているよ。

・一番心が痛むのは、この子が必要とする愛情を受け取れていない可能性があること。僕たち大人はこの問題を見逃しちゃいけない。

幼い少年の抱えていた『偏見や差別への不安』に、多くの人が考えさせられました。

誰が誰を愛そうが、それは個人の自由。本当は、そこに多数派も少数派もないはずなのです。

少年と同じ想いの子供たちが、もう二度とサンタへこんなお願いをしなくてもいいような社会を、私たち大人は目指していきたいものです。


[文・構成/grape編集部]

出典
USPS Operation Santa

Share Tweet LINE コメント

page
top