grape [グレイプ]

ブルーベリーをもらった犬 食べるのかと思ったら? 「優しい」「涙が出た」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:avagshepherd

飼い主が何かを食べていると、欲しがる犬は多いものです。「それ、くれないかなぁ」というペットの視線を感じながら、毎日食事をしている人もいることでしょう。

ジャーマンシェパードのアヴァと暮らすタリア・ヘンツェさんはある日、ブルーベリーを食べていました。

するとアヴァが興味しんしんで彼女のほうを見つめていたのだそう。

「欲しいのかな?」と思ったタリアさんはブルーベリーを1粒、アヴァにあげてみました。

おやつをもらったアヴァは喜んで食べるかと思ったら、予想外の行動をします。

アヴァはそのブルーベリーを食べるのではなく、まるで『友達』のように優しく扱い始めたのです。

それ以来、タリアさんがアヴァにブルーベリーをあげるたびに彼女はその『友達』と一日じゅう一緒に過ごしています。

アヴァはブルーベリーを持ち歩き、一緒にお昼寝をします。たまに口に入れますが絶対に食べることはなく、傷付けもしないのです。

この動画にはアヴァの優しさに感動した人たちからたくさんのコメントが寄せられています。

・なんて優しいの。この子は天使だわ。

・赤ちゃんをあやしているみたい。

・なぜだか分からないけど涙が出た。

ウェブメディア『The Dodo』によると、タリアさんはアヴァに「これは食べ物なのよ」と教えるために、目の前でブルーベリーを食べてみせたのだとか。

タリアさんがあまりに勧めるのでアヴァは一度だけブルーベリーを食べようとしましたが、すぐに吐き出してしまったといいます。

また試しにたくさんのブルーベリーをアヴァに見せたところ、彼女はその中から1粒だけ選んで、やはり食べずに遊んでいました。

なぜアヴァがブルーベリーを食べないのかは分かりませんが、決して傷付けないようにしていることから彼女の優しさが伝わりますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
avagshepherdavagshepherdThe Dodo

Share Tweet LINE コメント

page
top