grape [グレイプ] trend

「2人目どうする?」と聞かれた夫 妻が感動した返答とは? 「神ですか」「全世界のお手本」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

1歳半の息子を育てる、かなか(@KanakaTsubaki)さんは、夫との会話をTwitterに投稿。その内容に反響が上がっています。

ある時、かなかさんは夫に「2人目はどうする?」と家族計画について相談しました。

すると、夫からこんな言葉が返ってきたそうです。

「妊娠も出産も授乳も君にばかりつらい思いをさせてしまうのに、俺に決定権があるとは思えないけど、それでもいっていいなら欲しい」

もう1人、子供を持つかどうかは夫婦で話し合って決めることとはいえ、妊娠や出産、産後の世話など多くの負担はどうしても妻が担うことになります。

そのことを理解し、妻を十分に気遣った上で「それでも、自分がいっていいなら子供が欲しい」と答えた夫。かなかさんは、夫の気持ちを嬉しく感じたことでしょう。

かなかさんの夫は、子育てにも積極的に参加しており、普段から妻への労いや感謝をきちんと伝えてくれるそうです。

以前、夫からいわれて「もうちょっと頑張れそう」と思えた言葉も投稿されていました。

夫は、子育ての大変さを身をもって理解しているからこそ、こうした温かな気遣いの言葉が自然と出てくるのかもしれません。

投稿には、称賛の声などが多数寄せられています。

・全世界のお手本。私もこういう人を探します!

・完全正解!100点です。こんな言葉をかけられたら、嬉しいだろうなあ。

・夫さん、神ですか。素敵すぎます。

子育ての大変さを分かっていても、感謝の気持ちは口に出していわなければ、伝わらないもの。

もっとも身近な存在である夫婦だからこそ、互いに協力し合える関係を築けるよう、言葉を尽くすことは大切ですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@KanakaTsubaki

Share Tweet LINE コメント

page
top