grape [グレイプ] entertainment

心ない言葉をかけられた神木隆之介に、母親がひと言 ネットで「素敵すぎる」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2021年4月から放送がスタートした、テレビドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)。夢と現実の間で揺れ動く若者たちの群像劇を描いた作品です。

作中で、売れないお笑いトリオの役として出演している、俳優の菅田将暉さんと仲野太賀さん、神木隆之介さん。

1993年生まれの同世代である3人が、ぶつかり合うように見せる演技も注目を集めています。

同年5月14日に放送された情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)では、菅田さんと仲野さんと神木さんの3人による対談が実現。お互いへの印象や、仕事に対する想いなどを語りました。

仕事で悩んでいた神木隆之介に、母親が告げた言葉

対談が進む中で、神木さんは仕事で悩んでいた時期があったことを明かします。

神木さんといえば、子役として第一線で着実にキャリアを積んできた俳優の1人です。神木さんは「25歳までは、俳優業しかないと思っていた」と、悩んでいた当時のエピソードを語りました。

25までは、これ(俳優業)しかないのかなと思ってた。バイトもしたことないから。

映画とかも、「ヒットしなかったら辞める覚悟でね」って外からいわれたのが、すごいカチンときちゃって。

分かってるし、こっちもそうだし、わざわざそれを俺にいわなくてもいいじゃんって。

逆に「ヒットさせるために俺は芝居をやるの?ヒットさせる芝居って何?」みたいな。

俺、このままこんな危機感で、ずっとやんなきゃいけないの?そんなの全然楽しくない。芝居は好きだけど、楽しくない。

って思った時に、親に「あんたは1人の息子だから、この職業は関係なく、笑って楽しく暮らしていってくれればそれでいい」っていわれたのが、楽になって。

ZIP! ーより引用

周囲からのプレッシャーに押しつぶされそうになっていた神木さんを救ったのは、母親からいわれた「職業は関係なく、あなたが楽しく暮らせたらいい」という言葉でした。

その後、神木さんは歌などさまざまなジャンルにチャレンジする同世代の菅田さんの姿を見て、俳優業にとどまらない活動を意識するようになったそうです。

番組の視聴者からは、神木さんが語ったエピソードに対し、次のようなコメントが寄せられています。

・素敵なお母さんだなあ。

・神木くんのお母さんがかけた言葉に、涙が出た。

・子を持つ親として、神木くんのお母さんの言葉に激しくうなずいた。

迷いが生じていた神木さんにとって、母親の告げたひと言は、今後の人生を支える道しるべのようなものだったことでしょう。

子供の心情に寄り添う母親の行動に、多くの人が心を動かされました。


[文・構成/grape編集部]

出典
ZIP!

Share Tweet LINE コメント

page
top